1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!

“食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!

“食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!のタイトル画像

子どもはいろんなことに興味を持ち始めます。その中でも、ママが毎日行っている料理に関しては、男の子も女の子も関係なく興味を示すでしょう。そんなときは家事のお手伝いを経験させるチャンスですね。

出典:https://instagram.com/p/61bWT5lCOv/

楽しみながら「お手伝い」にチャレンジ!

台所でのお手伝いというと、食器や包丁など危ない物もあるので、ママはできれば寄ってこないでほしい場所かもしれません。
ゲートをして来れないようにしているかもしれませんが、子どもは毎日ママが台所に立って何をしているのか気になります。触らないでと言われると、ますます触りたくなってしまうものです。

お手伝いは幼稚園やある程度の年齢にならないとできないこともありますが、料理はそうではありません。子どもが楽しんで食材に触れる機会があれば、それだけでも家事への興味が大きくなっていきます。野菜に触らせて「ゴツゴツしているね」「葉っぱがついてるね」などの会話をすることも大切です。

子どもと一緒に台所に立って、料理を楽しみながらコミュニケーションをしてみましょう。

“食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!の画像1

年齢によってできることを分けてみよう

「お手伝いをやってみたい」という興味は何歳から芽生えるのか、その子によって違います。幼稚園に入ると多くの子がお手伝いに興味を示してくるものですが、もっと小さいうちから、台所に立つママの横にイスを持ってきて何かしようとする子は多くいます。

まだお皿を運ぶこともできない年齢だったら、野菜を洗うだけでも立派なお手伝いになります。冷蔵庫から何かとるときに「開け閉め担当」と名付けてやってもらうだけでも、子どもは喜んでやってくれます。
4歳~6歳ごろになったら包丁を持たせて、野菜を切る練習をはじめてみましょう。

もちろん調理には時間がかかりますが、子どもと一緒に楽しい時間を過ごせるのは貴重なこと。普段ママが台所で何をしているのか、子どもが興味を示した時にはどんどんお手伝いにチャレンジさせたいですね。

成功しても失敗しても“褒める”を大事に

“食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!の画像2

子どもにお手伝いをしてもらうと、つい手を出したくなってしまいますよね。段取りが悪くて時間がかかり、自分でやった方が早いと思ってしまうかもしれません。しかし、子どもにとってはママの力を借りるよりも、ひとりでお手伝いをやったという達成感が重要なのです。

もし料理をしている最中に失敗してしまっても、子どもには「また一緒にお手伝いしてくれる?」と声をかけてあげたり、「助かったよ。ありがとうね」など言ってあげましょう。

子どもは喜んで、またお手伝いをしたくなります。新しい家事にもチャレンジできそうであれば、「次はこっちからやってみたら?」と促して、子どもにやらせてあげましょう。ときにはママが広い心で見守ることも必要なのです。

「料理は、いくつものプロセスを段取りよく組み立てながら進める、とても知的な作業です。五感をフルに活用できるので、子供の脳にいい刺激を与えるでしょう。また、子どもの好き嫌いをなくす一番いい方法は、子どもと一緒に料理をすることです。料理の時や食事の時、家族一緒にいろいろな話をすることで、子どもたちは心の面でも成長し、たくさんの知識を学べます」(「ドラゼミ」スーパーバイザー・陰山英男氏)

“食べる”こと、“味わう”こと、そしてもちろん食材のこと。料理のお手伝いは、大切な「食育」となるようです

お手伝いというと、大人は「何か一つの仕事を任せなければ」と考えがちです。

しかし、子どもが楽しんでできることもたくさんありますから、ちょっとした作業もお手伝いとして考えてみましょう。野菜をちぎる、材料を混ぜる、たったそれだけのことでも「料理ができた」と子どもは喜んでくれるはずです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

たいママ

2歳の男の子のママです。 最近自我が目覚めてやーや(嫌々)とするようになりました。
一人目なので、甘やかした部分と厳しくしている部分と様々ですが
主人が忙し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “食材”への興味は“食育”にもオススメ!子どもと一緒に料理を楽しみ、お手伝いへのチャレンジに!