1. >
  2. >
  3. あなたはいくつ当てはまる?男の子ママあるある4選

あなたはいくつ当てはまる?男の子ママあるある4選

あなたはいくつ当てはまる?男の子ママあるある4選のタイトル画像

女の子ママとの差が出てくるのは、だいたい1歳過ぎてからではないでしょうか?妊娠中で「男の子ママの日常」について知りたいプレママ、集まれ~!あるある話、凝縮させました!

出典:http://maternity-march.jp/otokonokomama33945/
amiのアイコン ami

1.寒色系のお洋服が増える

子ども(男の子)と一緒にいると、自然と暖色系の服を着る割合が減りました。



かわりに増えたのが、寒色系(青・緑など)のものです。気を付けないと、メンズファッションに足を突っ込みそうなくらいメンズライクな恰好に日に日に進化しています。

2.スカート、ヒール靴を履かなくなる

子どもと遊んでいると、スカートは何かと汚してしまうので自然と履かなくなってしまいました。以前、子どもにスカートを引っ張られて脱げそうになってから、さらに履かなくなってしまったかも・・・。



また、ヒール靴だと怪我をしたり、怪我をしそうになったことが何度もあるので、スニーカー必須です。特に走るのが好きな男の子は、ヒールだと追いつけず見失ってしまうことすらあります。



このように、男の子ママはどんどんおしゃれから遠ざかってしまうので特に注意が必要なのです。

3.乗り物や戦隊ヒーローに詳しくなる

子どもの好みは大抵、乗り物派と戦隊モノ派に分かれます。



我が家は前者なので、1日中車のおもちゃで遊び、「ポッポの動画見た~い」とせがまれます。子どもが乗り物に目覚めるまでは、新幹線の名前なんて一つも分からなかったですし、機関車トーマスを観ても「いろんな仲間がいるんだな」くらいにしか思いませんでした。



しかし今では「この新幹線はつばめだね」「これはトーマスとピーター・サムとディーゼルだよ」などとすっかり覚えてしまいました。初対面のママと話していても「〇〇レンジャーだね」とスッと言えるママだと、「あっ、男の子のお子さんがいるんだな」と分かります。

4.子どもとラブラブ♡

息子とは、パパがやきもちを焼くくらいラブラブです。



ねんねの時期はあまり女の子と行動に差がなかったのですが、歩けるようになると変わってきます。

「ママ!」と言って抱きついてきますし、とにかく家の中でも金魚のふんのようにママにくっついてきます。



「男の子って大変だな~」と思う事も多いですが、これが子育てを頑張れる原動力だったりもします。

つまり・・・男の子の子育ては楽しい!

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. あなたはいくつ当てはまる?男の子ママあるある4選