1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【木下優樹菜で話題のVBAC出産とは?】私が危険を伴うVBAC(ブイバック)を選択した理由

【木下優樹菜で話題のVBAC出産とは?】私が危険を伴うVBAC(ブイバック)を選択した理由

【木下優樹菜で話題のVBAC出産とは?】私が危険を伴うVBAC(ブイバック)を選択した理由のタイトル画像

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩。いわゆるVBAC(Vバック)を選択した私の出産体験談です。危険とリスクを伴う方法でも出産できたのは、私の強い希望と信頼できる医師の存在、そして家族と慎重に検討を重ねたからでした。

VBAC(ブイバック)とは

VBAC(ブイバック)とは、過去に帝王切開を経験した経産婦さんが、次の出産で自然分娩をすることをいいます。1度帝王切開した人は、その後の出産も安全のため帝王切開をするという考えが昔からあったようです。



それが今、医療の進歩でVBACという選択肢ができ、希望する妊婦が増えているともいわれています。それでも、まだVBACは危険を伴う出産といわれ、最も懸念されるのが子宮破裂です。

VBAC(ブイバック)の危険性

子宮破裂とは、前回の帝王切開時にできた子宮の傷が裂けて、子宮が破裂することをいいます。お腹の赤ちゃんの成長と共に子宮はどんどん大きくなり、膜も薄くなるので、そのぶん危険を伴うのです。その他にも、大量出血で止血が困難な場合は稀に子宮摘出の可能性もあり、母体も、そして生まれてきた赤ちゃんも危険な状態になることがあります。

それでも…私がVBAC(ブイバック)を選択した理由

ここまでVBACについての恐ろしいことばかりをお伝えしましたが、私はそれでもVBACを選択しました。



例えば、1人目は帝王切開だったので、出産の時に出来なかったカンガルーケア。産後すぐに赤ちゃんは保育器に入れられてしまい、触れることができなかった数時間がとても長く感じたことなど、出産して分かる母としての後悔がたくさんあり、2人目はどうしても普通分娩で出産したかったのです。



また、家族に立ち会い出産をして欲しい、女性として産道を通して出産をしたい、という気持ちも強くありました。もともと妊婦健診で通っていた総合病院ではVBACを行っていなかったため、広尾の日赤病院を紹介して頂き、出産することとなりました。



私は帝王切開の傷が縦でしたし(帝王切開の傷が縦だとVBACは望まれないことがあります)、今後の経過でどうなるかは分からない状態でしたが、プロフェッショナルな先生のおかげで心配も軽減し、前向きに出産に臨むことができました。

そして出産

順調に妊婦健診も進み、予定日が近づいてきましたが、まだ陣痛はありませんでした。



VBACの場合、予定日を過ぎたら帝王切開に切り替える病院も多いようですが、私は先生からの指示で入院をして急な陣痛に備えることとなりました。上の子を置いて、いつくるか分からない陣痛の為に入院をするのはかなり心が痛みましたが、安全のためには仕方がありません。



予定日に複雑な想いで入院の用意をし、病院に向かう途中でゆるい陣痛が始まりそのまま分娩室へ。15時に破水し、20時に出産しました。



出産時は、助産師さんのアドバイスと共に何度もイキミを繰り返しました。その後、長時間に渡ることは危険を伴うからなのか、20時頃に一気にいくぞ~みたいな掛け声と共に、先生が赤ちゃんをグイッと引き出してくれ、主人と長男の立ち会いのもと、元気な女の子を出産することができました。もちろんカンガルーケアも出来ましたし、初日から一緒に寝ることもでき、至福と安堵に包まれました。

慎重に検討して

私にとってVBACはとても良い選択でしたが、決して皆さんにおススメしているわけではありません。検討中の方は、信頼できる病院の先生と話し合い、ご家族で納得のいく選択をして頂ければと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 帝王切開 普通分娩

この記事を書いた人

まさこ

自宅で「deliciousplus」パン教室を主宰、またオールアバウト「はじめてのパンレシピ」ガイドをしています。
6歳の男の子、3歳の女の子のママです。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【木下優樹菜で話題のVBAC出産とは?】私が危険を伴うVBAC(ブイバック)を選択した理由