1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ハロウィンを親子で楽しむための4つの方法!

ハロウィンを親子で楽しむための4つの方法!

ハロウィンを親子で楽しむための4つの方法!のタイトル画像

10月31日はハロウィン。日本では子どもだけでなく大人もお化けや魔法使いの仮装をして、お祭りや仮装パーティーを楽しんでいます。ここでは、子どもと一緒にハロウィンを楽しむ方法をご紹介します。

出典:http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/00/32/adorable-19680_640

100均や手作りグッズで部屋を飾ろう

ハロウィンの1ヶ月位前になると、ハロウィングッズが売り出されます。100円ショップでもハロウィングッズが手に入るので、好みの飾りを部屋に飾ってハロウィンの雰囲気を楽しみましょう。

また、子どもと一緒にハロウィン飾りを手作りするのも楽しいですね。インターネットではハロウィンのイラストをたくさん見つけることができるので、プリントアウトして折り紙やフェルト生地と一緒に何枚も切り抜き、テープでつなげて万国旗のようにして部屋に飾ってみるのも楽しいでしょう。

ゴミ袋を使ったハロウィンのマント作り

子どもは何かに変身することが大好きです。ハロウィンの仮装も同じく、お化けや魔女の衣装を着ると大喜びする子も多いでしょう。

今回はゴミ袋を使って簡単に作れるマントを紹介します。

<材料>
・黒の大きめのゴミ袋
・太めのヒモ

<作り方>
1.ゴミ袋を両端を切り、1枚の大きいビニールにします。
2.上になる部分にヒモを通す穴を作り(数センチ幅で上部を折るか、穴を開けます)、ヒモを通します。
3.下になる部分はギザギザに切ります。
4.後ろからマントをはおり、ヒモを前で結べば完成です。

マント以外にも仮装衣装を手作りすることができます。
お面は、厚紙にお化けのイラストを書き、切り取り、両端に輪ゴムをつけて耳にかけるだけです。女の子に人気の魔女の仮装衣装は、黒のワンピースかシャツとスカートを用意して、ゴミ袋マントを羽織れば完成です。帽子やステッキ等の小物は100円ショップで手軽に手に入れることができます。

子どもに配るお菓子を準備しておこう

「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれないと、いたずらすしちゃうぞ!)」と大きな声で叫びながらよその家の玄関を叩くのが、本場のハロウィンのやり方です。日本ではまだ定着していませんが、ご近所同士や幼稚園や小学校のお友達同士で楽しんでいるケースもあります。

お菓子メーカー各社が期間限定でハロウィン用のお菓子を販売するので、個包装になっているアメやクッキー等のお菓子を数種類そろえてみましょう。自分の子どもやお友達に配って、ハロウィンをみんなで楽しんでみるのも良いですね。

子どもが喜ぶお手軽パーティーメニュー

最近では、ホームパーティーを開いてハロウィンを楽しむ人も増えてきています。昼間に数家族で集まり、仮装してお菓子の交換をし、食事を楽しむというケースが多いです。そこで、子どもが喜ぶパーティーメニューをご紹介します。

ひとつは「坊ちゃんカボチャのグラタン」です。具と器を坊ちゃんカボチャにするだけで、後は一般的なグラタンの作り方でOKです。もうひとつは「ハロウィンクッキー」です。カボチャやお化けの型で抜いたクッキーを作り、子どもに市販のチョコレートペンでお絵描きをさせると、一緒に楽しく作れるでしょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

かおりママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ハロウィンを親子で楽しむための4つの方法!