1. >
  2. >
  3. >
  4. 今話題の”非認知能力”を高める!?レゴブロックを使って学ぶ「レゴスクール」の秘密

今話題の”非認知能力”を高める!?レゴブロックを使って学ぶ「レゴスクール」の秘密

今話題の”非認知能力”を高める!?レゴブロックを使って学ぶ「レゴスクール」の秘密のタイトル画像

レゴ社が開催している「レゴスクール」をご存知でしょうか。関東や関西を中心に、現在15ヶ所以上に教室が設置されています。3歳児から10歳児までを対象としたカリキュラムがあり、幼児から通うことができます。そんなレゴスクールの特徴を紹介します。

出典:http://www.queens-east.co.jp/qe/shopguide/detail.html?shopcode=legoschool

レゴスクールのコンセプト

レゴスクールでは、「遊びながら学ぶ」「作ることで学ぶ」の2つをコンセプトとして掲げています。

子どもたちは、遊ぶ中で様々な発見をしたり、探求心や好奇心を刺激されたりしています。子どもにとって学びの場である遊びの中で、面白いと感じる体験をさせることで、自発的な学びを促すことを大切にしています。

また、レゴスクールでは、ものを作る過程は子どもの発達に大きな効果をもたらすと考えています。誰かに教えられたことよりも、実体験で得たことの方が子どもたちの身に沁み込むという考え方です。そのため、レゴブロックを使って組み立てる中で、解決策や知識などを身につけ、独創的思考が生まれることで、次のステップへと導かれていくと捉え、カリキュラムを作っています。

子どもたちの将来を見据えた教育プログラム

レゴスクールでは、子どもたちが過ごすこれからの社会で求められるであろう、創造的に問題を解決する力を育てていきます。創造的な問題解決力とは、課題を自ら設定し、解決していく能力です。この能力を育てるため、レゴスクールでは4つのスキルを育みます。


1つ目は、意欲的な探求心です。身の周りに興味をもって観察し、考察することで疑問をもちます。その疑問に対し、積極的に答えを求めることで、問題解決をしたりさらなる意欲や探求心を生み出すのです。

2つ目は、創造的な思考力です。これまでの経験をもとに、仮設を理論的に組み立てる習慣を身につけます。

3つ目は、集中力です。集中して課題に取り組みながら、成功体験を重ねることで、自信が育ちます。

4つ目は、コミュニケーション力です。友達や先生と協力して解決する中で、豊かな表現力や協調性などを身につけていきます。

レゴ®スクールで育てる「創造的な問題解決力」とは、自ら課題そのものを設定し規定する過程を含む問題解決の能力です。創造的な問題解決力によって、一つの問題の解決が新たな課題への設定へとスパイラルにつながり、自発的で積極的な学びへと発展します。

レゴスクールの学びのプロセス

レゴスクールでは、「4C」と呼ばれる特徴的な学習プロセスを採用しています。

1.「Connect」
子どもたちが学ぶ瞬間は、これまでの知識と新しい経験が関連した時、もしくは、魅力的なアイディアに出会い、もっと知りたいという気持ちが芽生えた時です。この瞬間を生み出すため、お話しや歌、絵、写真などで子ども達の知識とレッスンのテーマを結び付けていきます。

2.「Construct」
創造力を働かせてイメージを形にしていく段階です。ブロックを組み立てる中で、幼児は自然と考えを組み立て、知識を繋ぎ合わせています。

3.「Coutemplate」
組み立てたブロックをじっくり観察し、考え、経験への理解を深める段階です。友達に説明したり、アイディアを交換したり、改善点を見つけたりしながら理解を深めます。

4.「Continue」
もっと知りたい、やりたいという学習意欲をもち、新たな結びつける段階へとステップアップしていきます。

レゴ®スクールでは、ひとつの問題にひとつの答えといったマニュアル的な制約のないオープンエンド方式で、創造性を刺激し、解決策へとつながるたくさんの道筋を見つけます。

レゴスクールの特徴や、どんなことを目的とした場所であるのか、伝わったでしょうか。これから子どもの習い事を探そうとしている方などの参考になれば幸いです。気になるようであれば、お近くのレゴスクールに問い合わせてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

R&Oママ

女の子と男の子の2人のママです。
大変なことも多いけれど、子どもたちと一緒に過ごせる毎日を育休の間満喫しています♪産後のダイエットに励んでいますが、なかなか体...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 今話題の”非認知能力”を高める!?レゴブロックを使って学ぶ「レゴスクール」の秘密