1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもへの愛情伝わっていますか?ギュッと抱きしめる子育て 4つのメリット

子どもへの愛情伝わっていますか?ギュッと抱きしめる子育て 4つのメリット

子どもへの愛情伝わっていますか?ギュッと抱きしめる子育て 4つのメリットのタイトル画像

毎日忙しく余裕のない時間を過ごして、子どもとのコミュニケーションをおろそかにしてしまっていませんか。赤ちゃんは泣いているときでも、ママが抱っこすると泣き止みますね。子どもはパパママにギュッと抱きしめてもらうのが大好き!抱きしめる子育てによる子どもへのメリットとは何でしょうか。

出典:http://free-photos.gatag.net/2014/05/21/070000.html

抱きしめることで、愛していることを伝えられる

ママにギュッと抱きしめられると、子どもは愛されていると実感します。ママは、子どもを抱きしめることによって、愛情を伝えることができ、親子の距離を縮め絆を強くすることができます。特に、乳幼児期から抱きしめて育てましょう。子どもにやさしく触れることで、子どもの精神を安定させ、愛情が伝わるというメリットを生みます。

言葉では伝わらない年齢ですから、肌と肌が触れ合うということが、安心感を生む大切な要素ですね。ギュッと抱き締められると、どんな子どもでもうれしいものです。その時、大切なのはママの心がきちんと子どもに向いていること。抱っこは肌と肌の触れ合いであり、気持ちの通じ合いでなければいけないからです。体が密着して、その中で"いとおしい"という心が通じることが大事です。

抱きしめることで、安心感を与えられる

泣いている赤ちゃんがママに抱かれると泣き止みますが、それだけママの胸は安心感のある場所なんですね。不安を感じていたり、プレッシャーに震えていたりしたら、ギュッと抱きしめてあげましょう。それだけで安心感を抱き、不安な気持ちが落ち着きます。

特に、叱った後はギュッと抱きしめましょう。子育てにおいて叱る場面はどうしても出てくるでしょう。そんなときは、叱られて不安になっている子どもをギュッと抱きしめてください。それによって、自分を嫌いで叱っているのではないと理解することができ、安心感を抱くことができるようになります。

抱きしめることで、子どもがストレスに強くなる

ママが子どもを抱きしめることで、「愛情ホルモン」や「幸せホルモン」といわれる「オキシトシン」が脳内に分泌されます。「オキシトシン」はストレスホルモンの血中濃度を下げて、ストレスを軽減させてくれます。安心や信頼などの気分を高める効果を産み、ストレスに負けない子どもにしてくれます。

また、子どもと触れ合うことで「プロラクチン」というホルモンも分泌されます。このホルモンは、精神力や免疫力、筋力などをアップさせることができるので、子どもを心身共に強くするというメリットが期待できます。

抱きしめることで、闘争ホルモンを抑えることができる

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

fumimama

趣味は、太陽の下のスポーツ観戦。元気に走りまわる子どもたちを見るのが大好き。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもへの愛情伝わっていますか?ギュッと抱きしめる子育て 4つのメリット