1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 陣痛が始まってから出産まで、なんと3日!長かった私の出産を支えてくれたのは・・・

陣痛が始まってから出産まで、なんと3日!長かった私の出産を支えてくれたのは・・・

陣痛が始まってから出産まで、なんと3日!長かった私の出産を支えてくれたのは・・・のタイトル画像

初産だと平均12〜16時間ほどと言われている陣痛時間。でも私の場合は36時間、痛いと思ってからは実に60時間の長丁場でした!今回はそんな私の出産体験をお伝えします。


チビでも普通分娩出来るのか?

私は身長は149㎝、体重34㎏と小学生並の体型なので、昔から「自分は子どもが産めるのだろうか?産むとしても帝王切開だろうな」と思ってきました。

骨盤の小さな人は赤ちゃんの頭が骨盤を通れるかどうかレントゲンを撮るようで、私も妊娠36週の時にレントゲンを撮りました。その結果「普通分娩出来そうだけれど、もし出産時に赤ちゃんが引っかかってしまったら緊急帝王切開になる可能性もある」ということでした。

予定帝王切開だろうと勝手に思い込んでいたので、逆にいつくるか分からない陣痛が怖く感じてしまい、出産予定日が近づくにつれ毎日ドキドキしていました。

陣痛が10分を切るまでの丸1日

出産予定日2日前の朝、腰とお尻付近が少し痛み、トイレでおしるしを発見しました!最初は生理痛くらいの痛みでしたが徐々に痛みは増し、段々と痛みの間は声が出なくなるくらいに。しかしずっと13分間隔くらいで、なかなか病院に電話するめどの陣痛10分間隔にはなりませんでした。

結局痛み出してから21時間後、ようやく10分を切ったので電話したところ、「この前の健診で子宮口が全然開いてなかったので、7分を切ったらまた電話して下さい」との冷静な対応でした。後から思うとこの頃の痛みはまだまだ余裕なのですが、この時は「こんなに痛いのにまだ病院に行ってはいけないの?!」と驚きました。

そして、痛み出してから24時間後の朝7時、再度電話をしたところ「まだ生まれないと思うから朝9時の外来で来て下さい」とのこと。「こんなに耐えたのにまだ病院行っちゃいけないの〜?!」とまたまたショックを受けました。初産の私と旦那は不安で一刻も早く病院に行きたかったのですが、助産師さんの言った通りまだまだ生まれないのです。

2日目 ついに入院!しかし微弱陣痛に

朝9時病院に行き調べてもらうと、「陣痛は5分間隔で来ているけれど子宮口はまだ1.5㎝でまだまだ生まれなそう。帰ってもいいし入院してもどちらでもいい」とのこと。こんなに痛くて、病院へ来るのも一苦労なのに帰らされることがあるのかと、またまた驚きましたが、私は迷わず入院を選びました。

私の病院はLDRという陣痛から出産まで移動なしで出来る部屋で、お風呂やトイレ、ソファーもある快適な部屋でした。床がフワフワになっている2畳ほどのスペースもあり、そこで旦那とゴロゴロしながら陣痛を過ごせたのが助かりました。

陣痛が始まってから出産まで、なんと3日!長かった私の出産を支えてくれたのは・・・の画像1
奥のピンクのスペースで陣痛を耐えました

しかし入院後、微弱陣痛という状態になってしまい、何時間経っても陣痛間隔は3分になったり8分に伸びたりと全然縮まらず、体力は奪われていくばかり。痛みに思わず「死ぬ〜」という言葉も出てきてしまいました‥。

結局夜の内診で、「明日の朝9時までに生まれてなければ陣痛促進剤を使いましょう」と言われ、朝になっても生まれていない可能性があることに心が折れ、先生がいなくなってから泣いてしまいました。

今すぐにでも促進剤を使って欲しかったのですが、夜は先生がいないため出来ないとのことで、長い夜を旦那にゴルフボールでお尻や背中を押してもらいながら耐えました。ちなみにボールで押してもらうのと押してもらわないのでは驚くくらい痛みの楽さが違いました。旦那の付き添いとゴルフボールがなかったら耐えられなかったと思います。

この記事を書いた人
ミニポンの画像
ミニポン

はじめまして!
2歳の男の子の育児に奮闘中の毎日です*\(^o^)/*
自分の子育てで役立ったグッズやお出かけ情報、体験談などご紹介していけたらなと思います...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 産後
  4. >
  5. 陣痛が始まってから出産まで、なんと3日!長かった私の出産を支えてくれたのは・・・