1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法

これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法

これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法のタイトル画像

ある日突然、おっぱいが腫れている、赤みがある、吸われると痛い。「これって乳腺炎?」「それともほかの病気?」「おっぱいを飲ませてもいいの?」多くの乳腺炎ケアにかかわってきた助産師として、あらかじめ知っておいてほしい対処法とやってはいけないこと、そして原因として考えられることをまとめてみました。

乳腺炎ってどんな症状?

授乳中のママに、ある日突然このような症状がおきたとき、乳腺炎の可能性が大です。



・おっぱいにしこりができた。

・おっぱいに赤みがある

・おっぱいに痛みがある

・おっぱいを吸われると痛む

・搾ると、ねっとりした母乳が出る

・発熱している

・赤ちゃんが乳首を引っ張って飲む



初めて乳腺炎になった時に、「高熱」が心配で内科を受診する方もいらっしゃいます。内科で風邪やインフルエンザの治療をしても改善せず、助産院へお越しになることもあります。



授乳中の高熱は、上記のような症状を確認して 乳腺炎を疑ってほしいと思います。

これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法の画像1
これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法の画像2

「乳腺炎かも」と思ったとき、やってほしいこととやめてほしいこと

「乳腺炎になったらしい」とき、すぐにできる対処法があります。



<乳腺炎になった時にすぐにできること>

・赤ちゃんにたっぷり飲んでもらう

・痛い部分や赤く腫れている部分を冷やす(冷えピタやアイスノンだと、熱を吸い過ぎて硬くなることもあります。おすすめはキャベツ。おっぱいにキャベツの葉を当てて上からブラジャーで覆うだけ。気持ちよく冷えて簡単です)

・葛根湯を飲む(市販薬でOK。もちろん授乳の影響はありません)

・痛みのある場所を「軽く」圧迫しながら飲ませる(軽く、がポイント)



<やってはいけない対処法>

以下のような対処法は炎症が広がり、悪化することがあるためやめて下さいね。

・おっぱいを強くもむ

・おっぱいをあたためる

・授乳を控え、飲ませない

乳腺炎になった原因として考えられること

では、なぜ乳腺炎になってしまったのでしょうか。原因として考えられることは以下のようなことです。



・長時間授乳ができなかった(たとえば、子どもを預けてミルクを飲ませていた)

・長時間抱っこをしていた(抱っこで乳房を固定し続けてしまった)

・夫婦喧嘩など、ストレスを感じる状態だった(母乳は白い血液。実は夫婦げんかの翌日に乳腺炎になるママは少なくないのです)

・長時間体を冷やした

・ママの睡眠不足が続いていた

・ママの水分摂取が少なかった

・脂の多い食事(とんかつ、唐揚げ、ドーナツ、ケーキなど)をたくさん食べた



この中のひとつふたつみっつ…と、いろんな原因が重なって乳腺炎になってしまうことが多いようです。実は乳腺炎は「おっぱいの風邪」。そのため、原因はひとつではありません。一般的な風邪症状も、「寒かったから」「睡眠不足だったから」「暴飲暴食したから」「ストレスがたまったから」「薄着だったから」…いろんな理由が重なったから風邪になったと考えるのと同じですね。



できればなりたくない乳腺炎。「もしかしてこれって…?」と思うことがあれば、上記の対処法を試してみる。それでも改善しない時は、早めに、母乳に詳しい専門職のケアを受けることをおすすめします。もしマッサージしてくれる助産師が見つからない時は「地域の助産師を教えてほしい」と、保健所や保健センターにお問い合わせると教えてくれるはずです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 乳腺炎

この記事を書いた人

momotaro

埼玉県内の助産院院長。

助産師・看護師として、幸せな母乳育児をアドバイス。
母乳育児支援では「ママにとってのラクチン授乳」と「赤ちゃんの気持ち通訳」を...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. これって乳腺炎?助産師が教える乳腺炎の症状と対処法