1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「家にあるモノ」で簡単にできちゃう!産後の骨盤矯正を自宅でする2つの方法

「家にあるモノ」で簡単にできちゃう!産後の骨盤矯正を自宅でする2つの方法

「家にあるモノ」で簡単にできちゃう!産後の骨盤矯正を自宅でする2つの方法のタイトル画像

出産を経験すると、骨盤のゆがみが気になる女性も少なくありません。でも、ケアアイテムは高額なモノもあるため、なにを使えばイイのかお悩みのママもいますよね。家にあるモノで骨盤矯正ができる方法をご紹介しましょう。

出典:http://www.kakogawaseitai.jp/

出産後の骨盤、気になりますよね。骨盤がゆがむと、体型が崩れたり、下半身デブになったりする原因にもなるんです。でも、正しい骨盤矯正って意外と知られていないようです。



骨盤のゆがみを正し、お肉や筋肉の位置を正してあげることで、産後のダイエットもグンと効果が出やすくなりますよ。今回は、家にあるモノでできちゃう骨盤矯正ケアを2つご紹介します。

1:バスタオルで骨盤矯正

おうちにあるモノを使って正しく骨盤矯正することも可能です。



用意するモノはバスタオル2枚。これで、次のような「骨盤まくら」を作れるんです。

用意するものは、どこの家庭にあるバスタオル2枚。たったそれだけです。2枚を重ねて、くるくるとロールケーキのように巻きます。ビニールテープや布紐などでぐるぐる巻きに縛ります。



この時にタオルに食い込むようにしっかり縛ってください。型崩れを防ぎます。高さ(巻き口の直径)としては10cmほどが最適です。

この骨盤まくらを、おへそが枕の中心にくるように、腰にあてて5分間、仰向けに寝るだけ!



足をカタカナの「ハ」の形にするイメージで、肩幅に開き、両足の親指同士をくっつけて眠るのがコツだとか。たったの5分!毎日続けるだけで骨盤矯正の効果があるといわれていますので、よろしければ試してみてくださいね。

2:シーツが骨盤ベルトになる!

産後ケア製品として、「骨盤ベルト」が売られています。でも、効果があるか半信半疑で、なかなか購入に至らないママもいるのでは?



正直なところ、骨盤ベルトを選ぶときには、次のような注意点もあるそうです。

自分に本当に合った骨盤矯正ベルトを選ぶには、自身の着用目的に合わせて選ぶことがもっとも重要です。



目的と異なった骨盤矯正ベルトを着用していると、効果が無いだけではなく、場合によっては腰痛などを引き起こす恐れがあります。

このように、市販品だからといって自分のカラダに合うモノが売られているわけではないようなんです!ならば、家にあるモノで骨盤ベルトを作っちゃいませんか?



骨盤を目的別に固定することができれば、骨盤ベルトとして使えます。伸縮性がない素材を用いれば、完璧。

そこで、使い古したシーツをベルトの幅に切って、骨盤ベルトとして試してみてはいかがでしょうか。



妊娠による、恥骨痛や骨盤の歪みには、次のような箇所を矯正するのが効果的といわれています。

太ももの付け根にある骨(大転子)と恥骨結合部の間につけます。恥骨に手をあてて、そのまま体の横に持っていきます。足を動かすと丸い骨があたります。その骨が大転子です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体 産後の骨盤・尿漏れ

この記事を書いた人

マリモ・ラン

女性向け媒体で数多くコラムを執筆するライター。主な執筆分野は人間関係・恋愛・食品・美容・マネー管理など。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「家にあるモノ」で簡単にできちゃう!産後の骨盤矯正を自宅でする2つの方法