1. >
  2. >
  3. >
  4. ネガティブな言葉の多い家庭で育った私が、子育てで実践している4つのこと

ネガティブな言葉の多い家庭で育った私が、子育てで実践している4つのこと

ネガティブな言葉の多い家庭で育った私が、子育てで実践している4つのことのタイトル画像

正解のない子育て。だから迷うこともたくさんありますよね。そんなとき、私は自分の子ども時代感じたこと、されて嫌だったことを反面教師に実践していることがいくつかあります。子育てに行き詰まりを感じたら・・・参考になるかもしれません。

出典:http://kids.wanpug.com/illust89.html
amiのアイコン ami

子どもの前ではポジティブな独り言を言う

私はネガティブな発言が多い家庭に育ちました。それがあまりに当たり前過ぎて、ある程度大人になってポジティブな発言や考え方に出会った時、当初は違和感や嫌悪感を覚えるほどでした。



今ではある程度、超悲観的な性格から軌道修正できているのですが、子どもの前で「疲れたー」「最悪ー」などと呟いてしまうこともしばしば。子どもが私の言葉を真似するようになり、「このままではまずい」と感じ始めました。



それからは「疲れたー」と言いたいときでも、「今日楽しかったー」など言い換えるようにしています。

挨拶・ありがとう・ごめんねをきちんと言うママになる

私の母は昔から謝れない性格で、自分が悪くても何とか誤魔化したり話をすり替えたりしようとする人です。その影響で、私自身、素直に謝れるようになるまで相当の年月がかかりました。(社会人になってからも「あなたは言い訳ばっかりじゃないの!!」と上司から怒鳴られた経験すらあります。)



振り返ると、子どもの頃、挨拶とは「親から強制して言わせられるもの」という印象が強く、とにかく嫌なイメージが付きまとっていました。ですので、自分の子どもには「挨拶はすると気持ちがいいもの」「ありがとう、ごめんね」と自然と言える子になってほしいと思い、実践しています。

お互いの「自由時間」を設ける

「子ども時代に一番印象に残っているのはどんなときかな?」と考えた時、思い出したのは母と同じ部屋にいながらお互い好きなことをしている時間でした。まだ幼いとはいえ、ママから「あれしなさい、これはダメ、もう寝なさい」など指示を受けるだけの生活は疲れるのではないでしょうか。



また、大人から言われて嫌だったのは「子どもなんだからストレスなんてないでしょ」という言葉。子どもだってストレスありますよね。だから、我が家では子どもが「スマホ見るー!」と言って聞かなかったら、「じゃあママはその間、読書するね」など、1日に1度は、お互い好きな事をしても時にはOK、にしています。

節目節目で、「自分はどうだったかな?」と考えてみる

子どもへの対応で迷ったときには「自分が子ども時代、どんな気持ちだったか?」「どういう風にされたかったか?」などを考えるようにしています。自分と子どもでは性別も性格も違うので「う~ん、なんか根本的に違うなぁ」という事もありますが・・・。



子どもの気持ちに立って考えてみると「あ~、もっとこうした方がよかったかな」「きっとこう思っているだろうな」と素直に自分の過ちを受け入れることができるので、迷ったときにはおすすめです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 しつけ・お世話 声掛け

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ネガティブな言葉の多い家庭で育った私が、子育てで実践している4つのこと