子宮頸管はたった4cm程度の部分ですが、妊娠期間中、圧力に耐え続けたり感染を防いだりするために非常に重要です。頸管長が短くなってしまうと、流産・早産の危険性が増加してしまうので、前回妊娠が切迫早産であったり、今回の妊娠でお腹が張る感じが強かったりしたら、通院先にしっかりと連絡する事が大切です。