1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ヘルパンギーナと手足口病、プール熱!予防と対処法を知ろう!

ヘルパンギーナと手足口病、プール熱!予防と対処法を知ろう!

ヘルパンギーナと手足口病、プール熱!予防と対処法を知ろう!のタイトル画像

病気が流行るというとインフルエンザやノロウィルスなど冬、というイメージが強いですが、実は夏にも流行する病気が色々あります。予防はもちろんのこと、症状や対処法も事前に知っておきましょう。

夏に流行する2大病!

夏に流行りやすい2大病気といえば、ヘルパンギーナと手足口病。実は両方とも、エンテロウィルスという同じウィルスが原因なんです。発症時期は5月から8月、正に夏の病気と言えますね。同じウィルスだけに症状もよく似ていますが、見分け方もあります。



手足口病は熱が出ないことが多く、手足に水痘・口に口内炎などができます。あまりひどい時は、足にできた水痘で歩く時にも痛むほど。ヘルパンギーナは、高熱が2日ほど続いた後のどなどに水痘ができます。

どちらも口の中が痛くて飲食が困難になるので、アイスやゼリーなどしみないものを食べさせましょう。脱水症状を防ぐため、水分もしっかりと取ります。



ウィルスが出ていけば症状はおさまり、おさまるまでの期間としては大体5日程度と言われています。ウィルスの病気なので、感染の予防にはしっかりと手洗いを行いましょう。

7月~9月に発症する咽頭結膜熱、通称プール熱!

咽頭結膜熱は、通称「プール熱」とも呼ばれていて7月から9月にかけて発症しやすい時期となります。これはアデノウィルスが原因で、流行性結膜炎も引き起こします。のどや目に炎症が起きたり結膜が充血したりします。感染力が非常に強いものです。



プールの水から感染することが多くあります。プールから出た後は目や体をよく洗い、タオルの貸し借りなどは行わないようにしましょう。

なによりも予防が大切!

一度かかってしまうと、特に治療法がないのがこういった病気の特徴です。とにかく予防することが肝心です。うがい・手洗いをしっかり行うことがまずは第一です。



また、免疫力が弱まるとウィルスが侵入しやすくなりますので、夏バテにならないような食生活を心がけることも大切です。ビタミンやミネラルをしっかり採るように心がけましょう。



免疫があれば、もし感染した場合でも症状が軽くてすむことがあります。日々の規則正しい生活と食事は大切ですよ。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

betty

2012年生まれの男の子と、パピヨンの二人の子をもつ(?w)母です。子育てをするまで分からなかった色々なことを、これからママになる方・子どもが小さい方にお伝えし...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ヘルパンギーナと手足口病、プール熱!予防と対処法を知ろう!