1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?

【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?

【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?のタイトル画像

ライオンといえば百獣の王。動物園でもTVでも目が離せない存在です。でも絵本に登場するライオンはどこかユーモラス。特に長新太さんの描くライオンはかなりへんてこ。なにしろ変身するんです…!

1歳後半くらいから楽しめる奇想天外なおはなし

以前の記事で、4歳~5歳くらいから楽しめる奇想天外なおはなしをご案内しました。

【読み聞かせ】4歳~5歳の子どもにおすすめ絵本3冊~奇想天外なストーリーを親子で楽しもう~

今回は長新太さんの「へんてこライオン」シリーズをご案内します。1歳後半~2歳くらいからでも楽しめる、これまた奇想天外なおはなしの魅力を探ってみました。

「へんてこライオン」シリーズは絵本が8冊。英訳版もあり。

このおはなしは小学館の読み聞かせ絵本雑誌『おひさま』で長らく連載されていたものです。

「おひさま」オフィシャルサイト おひさまのにんきもの へんてこライオン

現在手に入るのは8冊の絵本。それぞれ5作品が収録されています。『しんくんとへんてこライオン』は登場するのがしんくんだけ、『ゆうちゃんとへんてこライオン』はゆうちゃんだけなのですが、『ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン』以降は、しんくん・ゆうちゃんが2作、または3作ずつの組み合わせになっています。ブレンドの具合も絶妙です。

【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?の画像1
【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?の画像2

なんと、英訳版もあります。日本語全文+解説もついています。「へんてこライオン」は「the Magic Lion」と訳されていますよ。

【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?の画像3

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 子どもの遊び 室内遊び 絵本

この記事を書いた人

秋山月乃

産後の読書案内役。これはぜひ読んでほしい!という本をテーマ別にご案内します。高1、中2、小5の男子の母です。

・・・これまでと現在・・・
三度のお産でか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 【読み聞かせ】長新太の傑作絵本「へんてこライオン」シリーズの魅力とは?