1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?

【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?

【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?のタイトル画像

子どもが生まれるのを楽しみにしていた私ですが、赤ちゃんとの生活は想像以上に大変。完璧主義だった私は、家事も育児も私がやらねばと頑張りすぎてしまい、赤ちゃんとの生活は地獄以外の何ものでもありませんでした。子どもも大きくなった今だからこそ、言えること。それは、子育てがしんどい時期も、いつかは終わりが来る、ということです。

24時間365日休みなし、給料0円。そんなあり得ない条件の仕事、誰がやるの?

みなさん、この動画を見たことがありますか?

動画「世界で一番大変な仕事」

とある企業の、ビデオチャットで行われている採用面接。その中で面接官が出してきた労働条件が、なんとも不可解なのです。



■基本的に週7日、24時間、365日休みなし

■ほぼ全ての時間、立ったまま作業

■給料は0円

■しかも非常に責任が重く、交渉力や交際力が求めれる



その条件を聞き、面接を受ける人たちは驚き、「ありえない」「冗談でしょ?」と怒りさえ覚えている人も。しかし、その職業の名前を聞いた瞬間、みんなの顔がほころびます。



・・・このサイトを読んでいる方なら、もうお分かりですね。この不可解な労働条件の職業。それは「Mother」。母親なのです。

初めての子育て、地獄のような日々に、ココロもカラダもボロボロでした。

私には今、小学5年生の息子と、5歳になる娘がいます。



はじめて息子が生まれた日。こんなに嬉しいことが世の中にあるのかと、とても深い喜びに包まれたことを覚えています。しかし、そんな喜びもつかの間。痛む下腹部、うまくできない授乳、泣き止まない息子、眠れない日々・・・



私の場合は妊娠中つわりがひどく、切迫早産から入院生活を送っていたため、子どもを産んだら、もうこの辛さから開放されるだろうと信じ込んでいたのです。ですが、本当にしんどいのは、赤ちゃんが生まれた後、「赤ちゃんとの生活」でした。

【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?の画像1

家事が苦手なくせに、完璧主義な私。何もかもできない自分へのストレスで爆発

育児に向いている性格と向いていない性格がある、と聞いたことがありますが、おそらく私は、子育てが向いていない性格なのだと思います。



もともと仕事大好き人間で、完璧主義だった私。誰かに頼ったり任せるよりも、自分ですべてやったほうが早いし、信頼もできる。少しくらい睡眠時間が短くなったり、ご飯が食べられなくてもへっちゃら。それよりも仕事の「成果」が大切で、それが第一優先でした。



一方、家事はあまり好きではなく、料理洗濯も憂鬱。でも、旦那に任せるのも自分では許せず、「私がやらねば」とすべて自分でやり続けていました。そんな私にとって、赤ちゃんとの生活は地獄以外の何ものでもありませんでした。



抱っこしても泣き止んでくれない。一日中あやしているといつの間にか日に暮れてしまい、掃除も洗濯も料理もできない。旦那が帰って来る時間までにお米すら炊けず、旦那が玄関から入ってきた瞬間、涙が止まらなくなってしまったこともありました。

【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?の画像2

しんどい子育て、いつまで続く?我が子を愛せない自分に、子育てを諦めかけた生後4ヶ月

「自分には子育ては向いていない」

「こんな私の元に生まれた息子はかわいそうだ」

「もういっそのこと、子育てやめてしまいたい・・・」



息子が生後4ヶ月くらいの頃、本気でこんなことを考えていました。両親は県外に住んでいたのですが、いっそのこと、両親に預けてしまって、私は育児を手放そうかとまで考えました。



私が不妊治療で子どもを授かったこともあり、不妊治療をしている友人から相談を受けることもありましたが、子どもを愛せていないのではないか、こんな日々から抜け出したいと思っていた私は、友人の相談に乗る事にさえも罪悪感を覚えていました。



それでも、息子が1歳になってきた頃でしょうか。もうこのままではダメだ、と爆発していた時、先輩ママの友人が自宅に遊びにきてくれたとき、こんな言葉をかけてくれました。



「私も2歳くらいまでは、毎日地獄だと思った。何度か手をあげてしまったこともあったよ。

 でもね、3~4歳になって、子どもが自分でできることが増えてくると、本当に楽になるのよ。

 そしてね、自分に余裕が出てくると、子どもがまた可愛く思えるから。」



その先輩ママはとっても子育てを楽しんでいてキラキラしているように見えていたため、まさかその友人も、この日々を地獄のようだと感じていたとは夢にも思っていなかったので、とても衝撃的な言葉でした。



さらに友人は私に、こんな言葉も残してくれたのです。



「完璧主義は捨てたほうがいいよ。

 人を育てるって、命を守るって、本当に大変なことだと思うんだ。仕事とは違うよ。

 どんなに自分でしようと思っても、できないことの方が多いから。

 手を抜くこと、人に頼ること。この2つを常に意識して、できるようになったほうがいいね。」



そして彼女は、「じゃあ、今私にしてほしいことを言ってみて?なんでもするよ!」とも言ってくれました。その言葉を聞いて、思わず涙が溢れだしました。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み 育児ストレス

この記事を書いた人

ももたろう

三度の飯よりパンが好き。東京都在住。
息子と娘、旦那と4人暮らし。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【体験談】子育てがしんどくて地獄のような毎日に「もうやめたい」子育てのしんどい時期はいつまで続く?