1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どものプレゼン能力アップ!親が意識したい「きましやほて」とは?

子どものプレゼン能力アップ!親が意識したい「きましやほて」とは?(2ページ目)

子どものプレゼン能力アップ!親が意識したい「きましやほて」とは?のタイトル画像

4-8才くらいの子どもに「学校はどうだった?どんな所が楽しかったの?」と聞くと「わからない、忘れた」などの曖昧な答えが返ってきませんか?親としては、ポジティブな事を聞いてあげよう、楽しかった事を聞きたいな、という意識での質問ですが、子どもの反応はいつもボンヤリ・・・うーん、プレゼン能力がないのかな? 大きくなったら困るよなぁ。そこでパパは対策を考えました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161015002

ストロークとは両者の間の会話の回数です。いわゆる、やり取りの「量」ですね。



上記の事例は、細かいやりとりですが「ストローク(会話量)は多い」です。一概には言えませんが、ストロークの量が多いほど、信頼関係の構築は進みます。なお、怒鳴りあってるのも、ストロークといえばストロークなのです。

「定着させる」までは、長くて緻密な道のりだけど、「き・ま・し・や・ほ・て」を意識してがんばろう!

この記事では、「子どものプレゼン能力アップを目指す」ための第一ステップ「きいてあげる」スキルに着目しました。これができたら「きいてあげた内容」を、子どものために「まとめてあげる」というステップを意識してみましょう。



き:きいてあげて

ま:まとめて

し:示して

や:やらせて

ほ:ほめて

て:定着させる



最後の「定着させる」までには、長くて緻密な道のりですが、子どものプレゼン力upにむけて、親が良い例をみせるように頑張りたいですね! そのための第一歩である「きいてあげる」スキルupに、取り組んでみましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
パパ・イングリッシュ!の画像
パパ・イングリッシュ!

パパ・イングリッシュ!〜 パパといっしょに英語であそぼう 〜

生活の中で使える英語フレーズをアクティビティを通じて学ぶ「親子で参加するイベント型の英会話レ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 子どものプレゼン能力アップ!親が意識したい「きましやほて」とは?