結婚相手と出会ったきっかけ。2位は「家族や友人の紹介」1位は!?のタイトル画像
公開 2023年11月11日  

結婚相手と出会ったきっかけ。2位は「家族や友人の紹介」1位は!?

1,554 View

他人のなれそめって、少し気になります。


>シリーズの最初から読む


11月22日は、「いい夫婦の日」ですね!

周りにいる夫婦は、どのようなきっかけで出会い、結婚に至ったのでしょうか。

株式会社ベストアクティは今年10月、「結婚相手と出会ったきっかけ」の調査結果から、なれそめを見ていきましょう。

10代〜60代の男女100人が回答しました。

「職場」が1位。過ごす時間が長い分、出会いの場になりやすい


出会いのきっかけで最も多いのは「職場」(27人)で、2位は「家族や友人の紹介」(18人)、3位は「マッチングアプリ・SNS」(16人)でした。

「職場」に対する自由コメントをご紹介します。

「同じ会社に勤めており、同期から今の奥さんが連絡先を知りたがっていると連絡をもらったところから始まり、連絡を取り合うなかで付き合うことになった」(20代・男性)

「新卒で入社後、2週間子会社の支店に研修として通った。そこにいたのが今の夫です。支店のメンバーが若くて仲良く、グループで遊びに行っているうちに交際に発展しました」(50代・女性)

「私の部下の中で、一番働き者でした。初めはよく働く人で助かるなと思っていたのですが、ひょんなことから相談事の相手をしているうちに付き合うようになりました」(50代・男性)

就職すると、かなりの時間を職場で過ごします。それだけに、出会いの場となるのには納得です。


結婚相手と出会ったきっかけ。2位は「家族や友人の紹介」1位は!?の画像1

マッチングアプリ経由で出会う人も


続いて、2位と3位の馴れ初めエピソードを見ていきましょう。

■家族や友人の紹介

「友達の友達で、みんなで遊んだのがきっかけで仲良くなりました。その内、2人だけで遊びに行く様になって、付き合いが始まりました。自然に出会えて良かったです」(40代・女性)

■マッチングアプリ・SNS

「試しに初めてみたマッチングアプリで出会い交際、結婚しました。元々、女の人の職場だったので出会いもなく、接点も全くない相手だったので、マッチングアプリを始めてみなければ出会う事もない人と出会えた事はよかったと思っています」(30代・女性)

マッチングアプリは出会いを求めている人が利用しないので、交際に発展しやすいメリットがありそうです。

大学のサークルの先輩、後輩の関係だった


4位以降には、「学校」、「習い事やサークル」、「学生時代のバイト先」が続きました。

「大学のサークルで会いました。自分が後輩で、入ったサークルの先輩が旦那さんです」(30代・女性、学校)

「主人8歳、私10歳の時が初めての出会い。同じスポーツクラブに通う仲間でした。交際は15年後ぐらいなので、友達期間がとても長かったです」(40代・女性、習い事やサークル)

「アルバイト先の先輩と後輩の関係。グループで遊んでいたが次第に二人で出かけるようになって仲良くなり付き合った」(30代・男性、学生時代のバイト先)

小学生時代の習い事で出会い、その後交際、結婚に繋がったなんてロマンチックですね!


参考:株式会社ベストアクティ「結婚相手と出会ったきっかけ」の調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000122119.html

Share!

コノビー子育てニュースのタイトル画像
コノビー子育てニュース #117
コノビー編集部のタイトル画像 コノビー編集部

関連情報