1. >
  2. >
  3. >
  4. 【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?

【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?

【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?のタイトル画像

おむつかぶれかな?!と思ったらおしりが真っ赤に腫れ上がっていて痛そう!小児科で診てもらったら肛門周囲膿瘍という病気でした。かかるのはほとんど男の子だという肛門周囲膿瘍。我が子がかかってしまったときのことをお話したいと思います。

出典:https://minacolor.com/articles/show/461

肛門周囲膿瘍とは?

肛門のまわりが赤く腫れて膿をもつようになる病気を肛門周囲膿瘍といいます.生後1ヶ月前後から1歳位の乳児期の赤 ちゃんに比較的良く見られる病気で決して珍しいものではありません.この病気には二つの原因が考えられています.一つはオムツカブレによる皮膚からの感染 を原因とするものと,他の一つは肛門の奥の腸からの炎症が皮膚におよぶもの(乳児痔瘻と呼びます)の二つです.

私の息子は生後40日目で「肛門周囲膿瘍」と診断されました。



その数日前から昼も夜もなかなか寝てくれず、よく泣いていたので私の気持ちも参ってしまっていたのですが、おしりが赤いことに気づき、よく見ると赤いだけでなく肛門の近くが腫れていました。症状を検索してみると「肛門周囲膿瘍」が当てはまりそうだと思い、小児科を受診したところ「肛門周囲膿瘍」と診断されたのです。



我が子の場合は「皮膚からの感染」のようで、菌が入ったことが原因だと言われました。膿が溜まっていくので切開して出す必要があるらしく、小児外科で切開手術を受けることとなりました。

【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?の画像1

おしりの切開手術ってどうするの?

切開手術と聞いて結構大掛かりな手術を想像してしまいましたが、実際は皮膚に少し穴を開けて溜まった膿を出すことでした。ですので麻酔なども使用せず、その場で切って膿を出しました。



息子の場合は病院で処置をする時にちょうど腫瘍が破れて膿が出ていたので、この破れたところをさらにハサミで切り、膿を出し切りました。膿を出したら消毒をしてこの日の手当は終わりです。外来でそのまま処置してもらい、比較的短時間で終わりました。



膿を出した時、息子は当然大泣きしましたが、少しすると落ち着いて泣き止み、病院からの帰りは車内で眠っていました。肛門周囲膿瘍は膿が溜まっている状態が痛いらしく、切った際の傷の痛みは1、2日程度でなくなるとのことでした。

切開後のケアはどうするの?

とにかく清潔にすることが大切です。おむつ替えの際はおしりふきのシートでゴシゴシするよりも、洗い流すことをオススメされました。そうすることでおしりかぶれにもなりにくいようです。



ただ、ねんね期の赤ちゃんはうんちの回数も多いしゆるゆるベタベタ。まだ首もすわらない赤ちゃんをお風呂場に連れて行っておしりを流すのも想像するだけで大変!そこで我が家はいつもの場所でおむつ交換する際におしりを洗い流せるように、100均で手に入るドレッシングボトルとペットシーツ、そして濡れたおしりを拭くガーゼを用意しました。



ペットシーツをおしりの下に敷き、ドレッシングボトルにぬるま湯を入れてその場で洗い流します。洗い流した水はペットシーツが吸収してくれるし、ゆるゆるうんちもおしりふきで拭き取るより簡単に落ちてくれます。そのあとはガーゼでポンポンとやさしく水分を拭き取り、蒸れないようにおしりがさらさらになったらおむつを履かせます。



最初はお湯の準備等が面倒だと思いましたが慣れるもので、毎回清潔な状態を保てるこのやり方はおむつを交換する立場としても気持ちがよく、1歳を迎えた今も継続しています。そのためか肛門周囲膿瘍は再発せず、さらにはおむつかぶれにもなりませんでした。

【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?の画像2

肛門周囲膿瘍は繰り返しやすい病気

一度菌が入ってしまった場所には菌が入りやすいらしく、ゆるゆるうんちの時期はその可能性も高いようです。

幸い息子は再発せずに1歳を超えましたが、肛門周囲膿瘍で膿がたまっていた部分は現在でも見てわかります。1歳~2歳で治ることも多いようですが、再発する可能性はゼロではないため、今後も注意して清潔に保ってあげなければと思っています。



菌が原因の病気とのことで、小児科で診断された時には「私のおむつ交換の仕方が悪かったのかもしれない」と落ち込みました。しかしその時に小児科の先生に「気をつけていてもかかる時はかかってしまう病気。お母さんのせいではないですよ」と言っていただき、気が楽になりました。



ですので、もしお子さんがこの病気にかかってしまったとしてもご両親はご自分を責めないでくださいね。正しく処置をしてもらえば比較的簡単に症状は治まります。再発しないようにこれから気をつければいいのです。



可愛いわが子の可愛いおしり。毎日おむつ替えの回数も多くて大変ですが、清潔に守ってあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気

この記事を書いた人

yuitsuki

息子itsukiのママ、yuitsukkiです。
私の出身は岐阜ですが、ただいま旦那(鹿児島出身)の仕事で北海道生活5年目。
元々知り合いも居ない、地元が遠...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【体験談】生後41日でおしりを切開?!男の子に多い「肛門周囲膿瘍」とは?