太陽を見ると、くしゃみが出る。この現象、理由と名前がありましたのタイトル画像
公開 2024年01月26日  

太陽を見ると、くしゃみが出る。この現象、理由と名前がありました

2,432 View

>シリーズの最初から読む


子どもとの会話のなかで、楽しみながら“知恵”を伝えていけたら嬉しいですよね。

書籍『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』(KADOKAWA)には、“子どもに話したくなる”うんちくがたっぷり収録されています。

好奇心を刺激するような「教育系雑学」。

その中から厳選してご紹介します!

光でもくしゃみが出る?


風邪の時や、花粉が舞う時などに出るくしゃみ。

でも一部の人は、太陽などの眩しい光を見ると出るのだそう。

これはどういう理由なのでしょうか?


正解は……

太陽を見ると、くしゃみが出る。この現象、理由と名前がありましたの画像1
pixta_1906150_S


まぶしい時に、その信号が目から脳に伝わる際に途中で回路が混線し、くしゃみを起こす中枢を刺激してしまうことがあるから、でした!

専門家の間では「光刺激性くしゃみ」と呼んでいるそうです。


光を見ると「くしゃみ」が出るのはなぜ?


太陽を見て思わず「くしゃみ」をしてしまった経験はないだろうか。

くしゃみは本来、鼻に入った異物を排出しようとして起きる反射運動で、ほこりなどの刺激物が鼻に入ったり、冷気を吸い込んだりした時によく起きる。

ところが、太陽を見てくしゃみが出るのは、鼻に何かが入ったからではない。

それは光による反応なのだ。

人間はまぶしい光を見ると、目に入る光の量を調節して目を保護しようとする。

その情報はまず目の視神経でキャッチされ、脳へと伝えられる。

しかし、「まぶしい」という信号が目から脳に伝わる際に途中で回路が混線し、くしゃみを起こす中枢を刺激してしまうことがある。

これが光を見てくしゃみが出る原因と考えられる。

こうして明るい光によってくしゃみが出ることを、専門家の間では「光刺激性くしゃみ」と呼んでいる。

ただし、すべての人間に起きるわけではなく、遺伝性で、全人口の18~35パーセント程度に現れる現象のようだ。


太陽を見ると、くしゃみが出る。この現象、理由と名前がありましたの画像2

Share!

『頭のいい子が育つ!子どもに話したい雑学』のタイトル画像
『頭のいい子が育つ!子どもに話したい雑学』 #7
『頭のいい子が育つ!子どもに話したい雑学』/KADOKAWAのタイトル画像 『頭のいい子が育つ!子どもに話したい雑学』/KADOKAWA

関連情報