1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!

旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!

旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!のタイトル画像

子どもや赤ちゃんを連れての旅行は、慣れていないと荷物の多さや大変さが頭をよぎり、考えただけで行く前から疲れてしまい、やっぱりやめておこう…となりがちですよね。でもそれじゃあもったいない!子連れ旅行は楽しいこともいっぱいです。旅行会社に勤めていて二児の母でもある私が子連れ旅行を快適に楽しむポイントをお教えします!

子連れ国内旅行、移動手段はどうするか?

とにかく荷物が多い子連れ旅行。車移動ならベビーカーなども積めるし、車内でオムツ替えや着替え、授乳なんかも出来るので楽チン。でも、もっと遠くへ旅する場合は、飛行機や新幹線で移動して現地でレンタカーがおすすめです。



大きな荷物はあらかじめホテルに送っておけば身軽に動けます。日数が多い場合は着替えやオムツなど圧縮パックに入れられるものは入れてなるべく荷物をコンパクトにするのもポイントです。



そして、新幹線の場合は、多目的室やトイレの近くの席を確保出来るよう予約時に相談してみて下さい。ただし、JRの切符は発売日が1ヶ月前の同日なので発売日まではどこの席が取れるかは分かりません。



飛行機の場合は、便によって座席の配列が違うので、なるべく他の人と相席にならないように指定してもらいます。急な機材変更などで座席が変更になってしまう場合もありますが、狭い機内でなるべく他の人にも迷惑をかけずに自分たちも気兼ねなく快適に過ごしたいですよね。



航空会社にもよりますが、事前に座席指定できる枠がいっぱいでも、当日オープンの枠もありますし、webチェックイン時に座席指定が出来たりもするので諦めずに確認してみてくださいね。個人的には、少しの追加代金で前方のゆったり席を確保出来るのでJALのクラスJをよく利用しています。

旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!の画像1

子連れ国内旅行の宿の選び方

子連れウェルカムと謳っているところは、子どもが楽しめるプレイルームがあったり、体験型イベントがあったり、バンボや補助便座なんかもあったりして至れり尽くせりです。



でも、特に子連れウェルカムと謳っていないところでも、サービスに定評のある宿なら快適に過ごせます。バンボこそ無いけれど、チェックイン時に子ども用のお菓子を用意してくれていたり、夕食時に子どもが飽きてきた頃を見計らっておもちゃや絵本を持ってきて下さったり、赤ちゃんがいるからという事で通常は別料金がかかる貸切風呂を無料で貸して下さったお宿もありました。



洋室の場合は予めベッドを壁際にくっつけておいてもらったり、ツインの場合はベッドとベッドの間に動かせないサイドテーブルが無い場合にはくっつけておいてもらったり、ベッドガードを用意してもらっておくと安心ですね。禁煙部屋希望や、加湿器の貸出なども出来る場合は予めリクエストしておきましょう。



サービスに定評のあるお宿は、こちらが快適に過ごせるようになにかと配慮して下さるので、予約時にぜひ評判を聞いてみてくださいね。

旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!の画像2
旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!の画像3

無理のない旅程を組んでゆったりと。

いかがでしたか。



なんと言っても、子連れ国内旅行の一番のポイントは、予定を詰め込み過ぎないこと。ゆったりした旅程を組んで、子どもたちにも負担をかけず、大人たちもバタバタせずにゆっくり楽しむのがおすすめです。思い切ってお出かけして家族の楽しい思い出をたくさん作りましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ハルナ

浜松出身、横浜在住の二児の母です。

旅行会社に勤めており現在は育児休暇中。
5歳の娘(ダウン症)と0歳の息子との暮らしを満喫しています。

子連れで...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 旅行大好きママ直伝!子連れ国内旅行を楽しむポイント!