1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんとママのための雑穀ごはん

赤ちゃんとママのための雑穀ごはん

赤ちゃんとママのための雑穀ごはんのタイトル画像

妊婦になるということは、「赤ちゃんがお腹で育っている」ということ。赤ちゃんと毎日を一緒にすごしているということです。そんなとき、自然と気になってくるのが、「毎日のごはん」。自分だけの体ではないからこそ、気をつけたいものですよね。赤ちゃんとママが元気に過ごすためにおすすめの「雑穀ごはん」をご紹介します。

出典:https://instagram.com/p/ys7sLzwYZS/

妊娠中の食べ物が大切な理由

お腹の中で成長する赤ちゃんにはお母さんの血液が通っています。赤ちゃんはへその緒から流れてくるお母さんの血液を通して栄養を摂取し、成長していくのです。そのお母さんの血液を作るのは「お母さんが食べた食べ物」。つまり、お母さんが食べたものが、そのまま赤ちゃんの身体に入る、ということになります。身体に良いものを食べれば栄養豊かできれいな血液が作られるため、お腹の赤ちゃんも喜び、元気にすくすく育っていくことでしょう。

雑穀ごはんを毎日の食事に取り入れると・・・

そんな妊娠中におすすめなのが、雑穀ごはん。雑穀ごはんを食べると良い効果がたくさんあります。



1.赤ちゃんの貧血を防ぐ

雑穀ごはんには鉄分をはじめとするミネラルがたくさん含まれているので、ミネラルにあふれた元気な血液が作られます。9か月頃の赤ちゃんのなかには貧血症状が見られる子がいますが、このころの貧血の原因はお母さんの妊娠時期の血液状態にあると言われています。そうならないためにも、妊娠中のお母さんは元気な血液を作って赤ちゃんに届けましょう。



2.お通じが良くなる

妊娠中・産後ともにママを悩ませるのが便秘。雑穀ごはんには食物繊維が多く含まれているので便秘に効果的です。



3.噛む回数が増える

雑穀ごはんは白米より歯ごたえがある食感なので、噛む回数が増えます。噛む回数が増えると、少量のご飯で満腹感が得られるようになります。妊娠中はとにかくおなかがすいて食べすぎてしまうものですが、雑穀ごはんに変えるだけでこの食べすぎを防ぐことができます。また、顔の筋肉が発達して小顔効果があったり、美肌効果のある成分が唾液から分泌されたりと、知らず知らずのうちに美人効果も♪



4.栄養満点

つわりが辛い時期や、お腹が大きくなって動きづらい時期に手軽に栄養のとれる雑穀ごはんはオススメです。出産後も、栄養たっぷりの雑穀ごはんは母乳の分泌を促してくれるなど、ママの体力を回復するのを手伝ってくれます。

作らにゃ損!蒸しカボチャのリンゴとヒエのソースかけ

そんな雑穀ごはんを簡単に取り入れられる簡単なレシピをご紹介します。おかずにもなって、おやつにもなる万能レシピなんですよ。赤ちゃんからお年寄りまで楽しめます。



〈材料〉全部お好みの量

かぼちゃ・りんご・ヒエ



〈作り方〉

1.かぼちゃをそのまま電子レンジで蒸す(500W 5分くらい)

2.りんごをすりおろす。

3.色が変わらないうちにヒエと鍋で煮詰める。

4.かぼちゃを一口大に切り、りんごとヒエソースをかけて出来上がり



是非お試しください♪

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活 妊娠中の食生活

この記事を書いた人

1歳児の管理栄養士ママ やなぎさわえりな

初めまして(^^)

赤ちゃんの食はママが守ろう!
自然派食育教室 ひなたぼっこ
1歳児の管理栄養士ママ やなぎさわえりなです

現在1歳半の男の...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんとママのための雑穀ごはん