1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 本当に「学資保険」が一番お得?教育資金を賢く積み立てる保険とは?

本当に「学資保険」が一番お得?教育資金を賢く積み立てる保険とは?

本当に「学資保険」が一番お得?教育資金を賢く積み立てる保険とは?のタイトル画像

子どもを大学まで全て公立に行かせたとしても約1,000万円、小学校から全て私立だと約2,000万円もかかると言われる教育費。通常の預金に貯めておくだけでは利息も微々たるものだしもったいない!効率よく貯めるために我が家が学資保険として準備している積立保険についてご紹介したいと思います。

出典:http://ameblo.jp/seiranhitomisalon/entry-12039276675.html

「学資保険」が一番お得?

多くの保険会社から出ている「学資保険」。この学資保険の目的はもちろん子どものための教育資金ですが、この「学資保険」を使って貯めることが本当に有効なのでしょうか。一般的な「学資保険」は、子どもが15歳になるまで毎月積立て、18歳(子どもの大学入学時)に解約し、107%程度になって受け取れるというものが多いようです。このようなタイプの保険は解約時期が決まっていること、そして保険料の金額も ~300万円程度と決まっているものが多いようです。



そこで、今回は我が家が加入した「学資保険」ではないけれど、教育資金として加入した「積立保険」についてご紹介したいと思います。

積立額・期間を自由に設定できる「低解約返戻金型終身保険」

低解約返戻金型終身保険は通常の終身保険よりも保険料払込期間の解約返戻金を抑えることによって、保険料が割安です。保険料払込期間が終わってから解約すると増えて戻ってきます。また、貯まっているお金を年金で受取ることもできます。

この低解約返戻金型終身保険は、途中解約してしまうと保険料が元本割れしてしまいますが、払込期間を過ぎてから解約すれば、一気に払込額の100%以上の金額を受け取ることができます。よって、途中解約はしないことが大前提ですが、上手に使えば一般的な学資保険よりも多くの解約返戻率で返戻金を受け取ることができます。さらに終身保険でもあるので、万が一被保険者(パパもしくはママ)が亡くなってしまった場合は死亡保障が降ります。



例えば、我が家が加入した積立保険ですが、

・払込期間:15年間

・払込金額:総額5,493,120円(月額28,610円)

・死亡保障:1,000万円

・18年後の解約返戻金:6,025,000円(返戻率109.6%)



大学入学時に300万円では心もとないと思い、600万円に設定しました。その分月々の保険料も30,000円近くと、決して安くはありませんが、それでも息子の将来のためにと節約しながら貯めている日々です。



我が家がこの積立保険に加入したのは息子を妊娠する前でした。実際に息子が大学入学時(18歳)になる頃には、この保険は20年経過しているので、そのタイミングで解約すれば返戻金は6,179,000円(返戻率112.4%)受け取ることができます。

「低解約返戻金型終身保険」をもっと有効活用

この低解約返戻金型終身保険は、一度に全額解約しなくてもいいという点でもオススメです。というのは、我が家の先ほどの積立保険の例で言えば、息子の大学入学時に600万円は必要ないけれど、「300万円だけ欲しい!」と言えば、半分の300万円分だけ解約して返戻金を受け取れるのです。残った300万円分はそのまま積立保険として持ち続ければさらに自動的に増えていきます。(ただし、死亡保障の金額1000万円も解約した分だけ、この場合は500万円に保障は減ります。)



もしこの積立保険とは別に充分な教育資金が貯蓄できていれば、この積立保険を解約する必要はなく、自分たちの老後の資金へと回すこともできるのです。



「学資保険」だと利用目的や解約時期が決まっているため、時期が来たら必ず解約になってしまうけれど、その点「低解約返戻金型終身保険」はライフスタイルやその時々の状況に合わせて柔軟に使えるので、使い勝手の良い保険商品だと思います。



※上記に記載した内容はあくまで我が家の契約した保険商品のお話ですので、ご契約される保険商品の具体的な内容については必ず各保険会社に確認をしてください。

我が家は息子が1歳を迎え、そろそろ2人目を考えているので同じような条件でもう1つ「低解約返戻金型終身保険」に加入しました。銀行の定期預金に置いておくよりも利率がいいので、今後貯蓄に余裕が出れば自分たちの老後の資金準備もこのような保険商品を活用していきたいと考えています。



お子さまの学資保険をお考えの方は、このような「低解約返戻金型終身保険」も検討の1つにしてみてはいかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人

yuitsuki

息子itsukiのママ、yuitsukkiです。
私の出身は岐阜ですが、ただいま旦那(鹿児島出身)の仕事で北海道生活5年目。
元々知り合いも居ない、地元が遠...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 本当に「学資保険」が一番お得?教育資金を賢く積み立てる保険とは?