1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズ

バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズ

バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズのタイトル画像

女性も男性も、上半身が華奢な体型とボリュームのある体型、そしてそうなりやすい姿勢が存在します。今回は、それぞれの体型と姿勢の特徴との関係、胸が見た目のポイントになりやすい姿勢になるためのヨガポーズをご紹介します。

上半身(胸)が華奢な体型・骨格を作ってしまう姿勢とは?

猫背になり、肩甲骨の間が広がり、肋骨が閉じた状態のまま姿勢が丸まり、呼吸が浅くなっていると、胸の形をつくる筋肉があまり働かずに萎縮していきます。日本人に多い体型・姿勢で、胸板が薄いと感じる方に猫背は多い傾向があります。



日常生活で、人間は足を使って移動し、体重は下半身が主に支えているため上半身の筋肉をそれほど使うことなく生活していることも一因です。ヨガでは、上半身(腕)で体を支えるポーズが数多くあり、上半身と下半身のバランスを整えながら、姿勢を良くしていきます。

上半身(胸)にボリュームのある体型・骨格をつくる姿勢とは?

一方胸板があり、胸の目立つ体型・骨格の持ち主は、鎖骨がきれいに真横へ広がり、デコルテを広く引き上げた、堂々とした姿勢をしています。必然的に全身の中でも重心が上がって見え、胸の存在感が大きくなります。



長年の姿勢でО脚や猫背などが出来上がるように、姿勢からある程度骨格を変えていくことができます。肋骨や鎖骨・腕などがしなやかに動く、きれいな胸周りに見せるポーズもご紹介しますので、ぜひお試しくださいね。

1.胸を膨らませる呼吸法

純粋な胸式呼吸法とは違った、胸板を厚くしなやかにする呼吸法です。



1.胸骨(あばら骨がついている胸の真ん中の骨)と背骨が前後離れていくように意識をしながら、息を吸います。

2.普通通り吐き出します。



※肩を上げないように、首は長くリラックスした状態で呼吸します。

※写真は胸骨と背骨に手を当てていますが、実際は触らなくて結構です。

バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズの画像1

2.板のポーズ

腕・上半身で体重を支え、胸板の土台を作るポーズです。



1.四つん這いから、頭と腰の位置を変えずに両脚を伸ばしてつま先を立てます。

2.姿勢を整えて呼吸を深く5回繰り返します。



※腰が上がり過ぎたり下がり過ぎたりせず、文字通り板のようにまっすぐの姿勢をつくります。

バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズの画像2

3.上を向く犬のポーズ

板のポーズと同様腕・上半身で体重を支え、さらに猫背を解消するポーズです。



1.板のポーズから、両足の甲を床につけ、腰を落として背骨をしならせ、胸を開きます。

2.姿勢を整えて呼吸を深く5回繰り返します。



※肩幅を広げて肩を下げます。

※腰が痛い時は無理をせず控えましょう。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル ダイエット・体型管理 ヨガ

この記事を書いた人

美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. バストアップの土台を作る!美姿勢ヨガエクササイズ