1. >
  2. >
  3. >
  4. たくさんの子育て情報に戸惑っていた私が、新米ママへ伝えたい大切なこと~自分らしい子育てをしよう~

たくさんの子育て情報に戸惑っていた私が、新米ママへ伝えたい大切なこと~自分らしい子育てをしよう~

たくさんの子育て情報に戸惑っていた私が、新米ママへ伝えたい大切なこと~自分らしい子育てをしよう~のタイトル画像

子育て11年目。アメリカと日本でちょうど半分ずつ過ごしてきましたが、子育てに関しては両国で違う話を聞くこともあり、大変戸惑いました。今回はその時の様子を思い出しながら、私自身が出した答えを皆さんにお伝えしたいと思います。

昨今、インターネットの普及でありがたいことに、子育て情報なんかも沢山見ることができます。便利な一方、あまりの情報の多さに、困惑するママも多いのではないでしょうか。今回は、日本とアメリカで半分ずつ子育てをしてきた私から、新米ママにお伝えしたいことをまとめてみました。

どれが正しいの?!情報が多くて困惑してしまう

その昔、私が子どもの頃は、インターネットもなく、妊婦さんや子育てママを対象とした情報雑誌なども今ほどはなかったと思います。情報が多いことで助かることもありますが、逆に何を信じていいのか困惑してしまったり、また情報が多すぎることから他の子と比較して「うちの子は、少し発達がおそいのでは?」と心配してしまったりすることもありました。



「母乳がいい!」という情報なども、粉ミルクと比較されていて、なんだか粉ミルクが悪いのでは?なんて思わせるようなことが記載されていることも多くあります。母乳が出にくい場合には、ストレス以外の何物でもありませんよね。

情報に惑わされないで!自分の思いを信じよう

私は、アメリカで子どもを妊娠して出産しました。日本の大手出版社の妊婦用雑誌を日本から送ってもらって読んだり、アメリカの出産に関する本を読んだりしました。両方を読んで気が付いたのですが、双方言い分が違う事が書いてあることが多々あります。産婦人科や、小児科の先生の言う事も全く違うときがあります。



その時、「誰も本当のところは、分からないのではないか」と思いました。そしてそれならば「自分の感じるまま、思うままにすればいいのではなかろうか」とも思いました。



気付いた時からは、周りの情報に惑わされず自分と子どもに合った方法を選べるようになりました。簡単なことなのですが、情報がありすぎると、それを信じすぎて、聞き流すことがなかなか出来なくなります。情報には惑わされずに、ぜひ聞き流す程度にしてみてください。そして自分に合った妊娠生活、子育てをしてみてください。



長女の時には、母乳がですぎて止まらないほどでしたが、次女の時には、ほとんど出なくなりました。3ヶ月ほどでミルクに移行しましたが、今では長女より元気で、運動神経も良い子になりました。



人は人、自分は自分。「こうしなければいけないんだ」ということはないと思います。ぜひ自分とお子さんに合った子育ての仕方を選んでみてください。

新米ママさんに贈る詩

先日、HugHugChuさんの親子サロンで、ママさんへの絵本の読み聞かせをされている「とろぶさん」という方が、ある詩を読んでくださいました。とろぶさんは、心が疲れているママさんをサポートしようと、ママさんへの読み聞かせ活動を続けていらっしゃいます。ご自身が産後鬱になりかけた経験があったそうで、その彼女がママを救うべく選ぶ詩や絵本はとても感動するものばかり。



今回は、先日読んでくださった、【抱きなさい 子を】という詩を皆さんにシェアしたいと思います。

ママさんを対象とした読み聞かせ活動をしている とろぶさんのブログ

HugHugChu親子サロン

「抱きなさい 子を」 ~ 浜 文子 ~



抱きしめなさい 子を

育児書を閉じ

子育てセミナーを欠席し



抱きしめなさい 子を

誰にも遠慮せず あなたの子を

しっかりと 抱きしめなさい



抱きしめなさい 子を

母の膝が 子供の愁い(うれい)の

すべてを除く その時代(とき)に



いつか母の膝は 子の悲しみに近づけない

日がやって来る

やがて母の手が 子の涙を拭いてやれない

日が訪れる



きっと来る その日

子が涙を拭う手に

柔らかな記憶の手が重なるように

痛む子の心が

温かな思い出の膝に包まれるように



母よ 抱きしめなさい 子を

もう何もしてやれない日のために

抱きしめる手が 子の未来に届くよう

幾度も 幾度も

抱きしめなさい



母たちよ

やがて別れる者として

あなたの子を 

しっかり胸に 抱きなさい

子どもが大きくなるにつれて、抱きしめることを忘れていた私。勉強を教えるより、週末はどこへ連れて行ってあげようと考えるより、まずは抱きしめてあげようと思いました。



この詩を読んで、少しでも多くのママさんの気持ちが楽になってくれたら嬉しいです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み

この記事を書いた人

Rainbow Kids

もともと外国語習得が大好き。学生時代は英語と中国語に興味を持ち、ひたすら自己流で勉強。某レコード会社国際部で貿易担当した後、アメリカ人と結婚。8年間カリフォルニ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. たくさんの子育て情報に戸惑っていた私が、新米ママへ伝えたい大切なこと~自分らしい子育てをしよう~