1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識

パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識

パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識のタイトル画像

1歳を迎え、パクパク期になった子どもの離乳食の進め方はどのようにしたら良いでしょうか。徐々に大人と同じ物を食べられるようになって来る時期です。パクパク期における離乳食の基礎知識をご紹介します。

パクパク期を迎えた子どもの特徴とは

バナナくらいの固さの食べ物を歯茎で潰して食べられるようになったら、いよいよパクパク期に入ります。およそ1歳頃の時期です。昼間の授乳の回数が減り食事を欲しがるようになりますが、何でも食べる訳ではなく、見た目で判断したり、好き嫌い、食べむらがあるのがこの時期の特徴です。また、色んなことをやりたがる時期でもあるので、スプーンやフォークを持たせてあげるのも良いでしょう。しかし、まだまだ手づかみが基本!手づかみで食べやすいものを用意してあげます。

離乳食のすすめ方

パクパク期の離乳食は基本的には大人からの取り分けで問題ありません。ただし薄味に、大きい物は小さくカットして、が基本です。1日3回家族のみんなと同じ時間に食べる習慣をつけると良いでしょう。みんなで食べる食事は美味しいということもわかるようになります。昼間の授乳回数も少なくし、補食としてのおやつは1日に1〜2回あげるようにしましょう。子どもの胃袋はまだ小さく、1回に食べられる量が少ないからです。お菓子類よりも、芋類、乳製品、フルーツなどが良いでしょう。

パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識の画像1

パクパク期から食べられるようになる食材と注意点

1歳を迎えた子どもはほとんどの食材が食べられるようになります。ただし、アレルギーが心配されるものや蜂蜜などの食材、アクの強いもの、消化に悪いもの、菌が多い生ものなどは食べさせないようにしましょう。アレルギーが心配される食材があれば、お医者さんと相談してから食べさせるのが安心です。



この時期から使える便利な食材には、牛乳や油揚げ、貝類や甲殻類などが挙げられます。また、ケチャップやマヨネーズなどの調味料も使えるようになり便利です。ただし薄味が基本ですので、使い過ぎには注意が必要です。この頃の消化器官はまだ未熟なので、大人の食事から取り分ける場合も、大人の食事自体を薄味にするように気をつけましょう。

パクパク期にピッタリなママの働きかけ

パクパク期の子どもは色んなことに興味津々。そして、自分で何でもやりたがります。汚れるから、行儀が悪いからと、手づかみを注意したり、自分で食べることを否定してはいけません。子どもの自立心を損ないかねないからです。できるだけ自由に食べさせてあげることを心がけましょう。汚れが気になる場合には、食事の場所にシートを敷くなどの工夫しておくと片づける手間が減ります。また、子どもの気分によって食べむらがあるのもこの時期の特徴です。イライラせずに、気長に子どもに付き合ってあげると良いでしょう。

パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識の画像2

パクパク期の基礎知識をご紹介しました。基本的には何でも食べられるパクパク期。ママの離乳食作りも楽になる時期ですが、反面、自分で食べることが楽しい時期のため、汚れや掃除などが気になってしまいます。できるだけ心にゆとりを持って、子どもの「食べるのが楽しい」という気持ちを育ててあげてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ゆかりん

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. パクパク期(12~18ヵ月頃)離乳食基礎知識