1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 困った子は困っている子。発達障害グレーゾーンの我が子たち

困った子は困っている子。発達障害グレーゾーンの我が子たち

困った子は困っている子。発達障害グレーゾーンの我が子たちのタイトル画像

我が家の次女は1歳半健診の時に発達障害かもしれないと言われ、その後半年に1度の定期健診を行うことになりました。今回は次女を通じて発達障害やグレーゾーンについてお話したいと思います。困った子は困っている子。小さい時は育てにくいと感じることもあるかもしれませんが、それでも子どもの個性を理解しすることで、子どもの才能や能力を伸ばしていけるのだと感じています。

1歳半健診で発達障害グレーゾーンとなった次女

最近よく耳にする発達障害。テレビや新聞、雑誌などで目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。文部科学省の発表によると、通常の学級に在籍する子どものなかでも6.5%は発達障害の可能性があり特別支援を必要とするという結果が出ていますし、入学前で診断される子がクラスで2~3人、予備軍と呼ばれる子が3~4人いるともいわれています。

我が家の次女は1歳半健診のときに発達障害かもしれないと言われ、その後半年に1度の頻度で様子を見ることになりました。



我が家の次女の特徴としては

・言葉が出ない

・音に敏感

・人見知り、場所見知り

・指差しをしない

・落ち着きがない

・予測外のことがおきるとフリーズしたりパニックになったりする

・ある特定のことしか興味ない

というものがありました。



そのほかにも家庭での状態として、

・パニックになりやすい

・ある特定の行動をする

・切り替えが苦手

ということがあり、長女と比べてかなり育てにくいと感じていました。

時代的に理解されなかった次女の発達障害

今では発達障がいについて、広く理解している方がたくさんいますし、発達障害者支援法がありますが、当時はそういうものがありませんでした。一部の方には認知はされていたものの、一般に広く知れ渡っていなかったために周囲からは「甘やかしすぎ」「育て方が悪い」と言われ、幼稚園でも、この子はおかしい子と言われてしまうことが多かったのです。

発達障害者支援法(はったつしょうがいしゃしえんほう、平成16年12月10日法律第167号)は、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥・多動性障害などの発達障害を持つ者に対する援助等について定めた法律。

発達障害と有名人

この記事を書いた人
月野しんの画像
月野しん

99年、01年、03年、08年生まれの四姉妹を育てつつ、四女が生まれたときに購入した昭和生まれの家も自分好みに育てています。
小さいころから塾に通わなくても国...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 困った子は困っている子。発達障害グレーゾーンの我が子たち