1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 手足口病は大人でもかかる!手洗いをしていても子どもから伝染ってしまったのはなぜ?

手足口病は大人でもかかる!手洗いをしていても子どもから伝染ってしまったのはなぜ?

手足口病は大人でもかかる!手洗いをしていても子どもから伝染ってしまったのはなぜ?のタイトル画像

乳幼児の病気として知られている手足口病。実際、罹患する9割は5歳以下の乳幼児といわれています。しかし、残り1割は乳幼児以外ということで大人も手足口病になることがあるんです。1割って意外と高確率ですよね。私も娘からうつってしまいました。手洗いはきちんとしてたのに?!うっかりな行為が家庭内感染を引き起こしました。我が家の体験談をご紹介します。

手足口病とは

手足口病という名の通り、口の中、手のひら、足の裏などに発疹や水疱が出ますが、いま流行しているものはお尻など全身にブツブツが広がることがあります。潜伏期間は3~6日で、熱は37~38℃程度で、発熱しない場合もあります。1~3日で解熱します。



また、一般的に言われている上記の症状ですが、成人が罹患するともっと重篤化すると言われています。予防接種や特効薬はなく、かかってしまったら対症療法です。程度にもよりますが、登園登校禁止にはなりません。

感染経路と潜伏期間

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(糞便から排出されたウイルスにより口を通して感染すること)により感染が拡大します。



潜伏期間は、2~6日と言われています。しかし症状がおさまった後でも、呼吸器からは1~2週間、便からは2週間~4週間、ときには数ヵ月間ウイルスが排出されることがあるので注意しましょう。

手洗いしてるのになぜうつった?!

私は手足口病を子どもからうつった経験があります。普段から、手洗いはかなりしっかりしていると思います。それなのになぜ感染したのでしょう。思い当たるのは、子どもとの箸の共有でした。最近うちの子は、自分用の箸や食器を嫌がり、私のものを使って食べています。そのため、子どもが食べ終わったあと、そのまま同じ箸をつかって私が食事をしていました。



いくら手洗いをしていても、これでは感染しますよね。これ以外にも、子どもが残した食事を子どものスプーンを使って食べる、「あーん」としてきたものを食べるなど、ついうっかりの箸の共有があるかと思います。



潜伏期間もあるので、発症後から中止しても遅いのです。おむつ交換などには気をつけているんですけどね。習慣からくるものはついうっかりしてしまいます。

夏はいろんなものが流行る

これからの季節、手足口病・ヘルパンギーナ・咽頭結膜熱(プール熱)と夏の風邪トリオと言われているものが流行ります。日頃から規則正しい生活をし免疫力が低下しないようにしていくこと、衛生管理をすることが重要です。



子どもの病気と侮る無かれ。大人にも感染します。また「手足口病っぽいな」と自己判断せず、医療機関を受診することをおすすめします。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 手足口病

この記事を書いた人

ふもにゃん

2歳になる女の子のママです。
妊娠中に夫の転勤で東京に来ました。
見知らぬ土地で、知り合いもいない中の初めての育児で経験したこと学んだことをお伝えできればと...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 手足口病は大人でもかかる!手洗いをしていても子どもから伝染ってしまったのはなぜ?