散乱したおもちゃを見て、夫がポツリ。それが“お片付け革命”だった!のタイトル画像
公開 2023年01月30日  

散乱したおもちゃを見て、夫がポツリ。それが“お片付け革命”だった!

102,310 View

>シリーズの最初から読む


こんな簡単なやり方があったのか!

フォロワー11万人の人気インスタグラマーKayokoさんが実践する、無理をしない、ストレスもない、心地よい暮らし方。

『暮らしが整う「片付けない」片付け』(kayoko著/アスコム)より、一部のアイデアをご紹介します。



さっき片付けたのに、
また、おもちゃが
散らかっている!

… 子どもに片付けなさいと言っても全然やってくれないから、仕方なく片付けて掃除もしたのに、また山ほど、おもちゃが散乱してる……。


家事に子育て、そして仕事と、一日フル稼働の女性にとって、可愛い我が子とはいえ、部屋中におもちゃが出しっぱなしだとイライラしますよね。

「まったく、こんなに散らかして!」と、私も何度思ったことでしょう。

ある日、部屋中に散乱したおもちゃを見て、夫がポツリとこう言いました。

「今日もたくさん遊んだね〜」

そうなんです。

確かに、子どもの大切な仕事は「遊ぶこと」。

遊びを通して、楽しいという感覚を覚え、工夫したり、創作したり、たくさんの学びを得て、成長していくものです。

もちろん、せっかく片付けた部屋に、またおもちゃが散乱しているのを見ると、一瞬クラッとします。

でも、「たくさん遊んで楽しかっただろうな」と思えば、気持ちがとってもポジティブになります。

子どもが元気で楽しく過ごしてくれていることが一番。

そこから少しずつ、子どもたちが片付けの仕方を「楽しく」覚えていくためには?

と考えるようになりました。


そもそも、子どもは片付けとは何かを知らない


小学生の娘に「片付けって、整理してからやるの?」と質問されたことがあります。

大人の頭なら、「片付け」という言葉の意味を当たり前のようにイメージできるので、ついつい「片付け」とひと言にまとめてしまいます。

でも、子どもにはちゃんと具体的に何をするのか伝えないと、分かっていなくても仕方がないですよね。

子どもにいきなり「おにぎりを作ってね」と言っても分からないのと同じです。

おにぎりのつくり方を教えるときは、ちゃんと工程を説明します。

最初は一緒にやって見せて、何度か一緒にやっていると、そのうち一人でもできるようになるでしょう。

片付けも、ただ「片付けて」ではなくて、最初は一緒にやりながら具体的に「出して、使い終わったら、元の場所に戻してね」と言い続けることで習慣化できるようになると思います。

ただ、子どもは年齢差によって、理解力が全然違うので、私は年齢に合わせて片付け方を工夫して教えています。

幼少期は楽しさがないと何ごとも続きません。

ゲーム感覚を取り入れて、遊びながら、気が付いたら片付いてる! スッキリ、きれいになるって気持ちいい! をたくさん覚えていってもらいたいと思っています。


子どもの片付け初歩編


大人の片付けでも同じですが、使っているモノ、もう使っていないモノを整理しないと、どんどんおもちゃは増えていってしまいます。

片付けをするとき、使っているモノ(大切なモノ)は右に、使っていないモノは左に、という「分ける」を一緒に続けていくと、だんだん一人でも「分ける」ができるようになり、さらに「使っているモノだけをしまう」ができるようになりました。



×正論 小さいうちは親が片付ける
〇ズボラ 一緒に右と左に分けていく


ただ「自分が遊んだんだから、片付けてね」と声をかけても、それでは楽しそうに感じてくれないので、動きません。

ましてや、初めからすぐに全部できる子なんて、いないと思います。

思い通り片付けてくれなくても、繰り返し片付けを一緒にやっていくことが大切かなと思います。

できれば、小さいうちから、遊びながら整理をすることを覚えておくと、使うモノの優先順位が分かって、将来的にも、やみくもにモノを増やすことはなくなるように思います。


散乱したおもちゃを見て、夫がポツリ。それが“お片付け革命”だった!の画像1
散乱したおもちゃを見て、夫がポツリ。それが“お片付け革命”だった!の画像2


子どもの年齢に合わせて、ゆっくりお片付けの方法を伝えていきたいですね!


書籍では、頑張らないのにキレイに片付く、62の方法が紹介されています。

ぜひチェックしてくださいね。


Share!

おすすめ書籍のタイトル画像
おすすめ書籍 #48
コノビーおすすめ書籍のタイトル画像 コノビーおすすめ書籍

関連情報