1. >
  2. >
  3. >
  4. 夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感

夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感

夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感のタイトル画像

そろそろ夏、という時期。「サマーキャンプ」というワードを各方面で耳にしますね。私の勤めていた幼稚園でも、毎年サマーキャンプがありました。親元を離れて、2泊3日のキャンプなんて、不安だな・・・そんな風に思っている親御さまへ!実は、キャンプは子どもの「自信と自立」を育むチャンスなのです・・・!

夏になると、私が勤めていた幼稚園ではサマーキャンプがあります。2歳児は希望制ですが、年少から年長までは実習で行っています。幼稚園からキャンプ(お泊まり)を行っているって、どんな幼稚園か気になりませんか?

今回は私が以前勤めていた幼稚園の魅力についてじっくり書きたいと思います。(※以下、前職の幼稚園をB幼稚園と記載)

子どもは何歳から一人でお泊りできますか?

親元を離れてお泊まりができる時期って、一体何歳からなのでしょうか?

多くのご家庭では「実家・親戚の家やお友だちの家にお泊まりさせたことがある」というご意見が多いのかと思いますが、「親元を離れてお泊まりしたことはまだない」というご家庭も多いのかもしれません。各ご家庭で、お子さまの年齢によってそれぞれ異なる話ですよね。



B幼稚園では夏に2歳児から両親と離れて2泊3日間キャンプに参加しています。

なぜ、2歳児からキャンプ(お泊まり)を行うのでしょうか?

夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感の画像1

サマーキャンプは「子どもの自立を育てる経験ができる」

子どもの自立を育てるには文字の通り「自ら立つこと」ですよね。日常生活ではご両親の手が届く場所に居て、自立の瞬間はどれ程あるでしょうか?



B幼稚園ではキャンプ中、子どもができることは何でも自分たちで行えるよう指導します。

朝起きたら、自分でカバンの中から衣服を用意し着替え、ご飯も好き嫌いせず出された物を食べ、お風呂に入り寝る準備をする…。



しかし、いざ支度を始めてみると、それぞれの子どもたちで差が出てきます。月齢の問題ではありません。日ごろの習慣が出てしまうわけです。



毎日、お母さんに着替えさせてもらっている子は、一向に自分で着替えようとはしないし、何を着たらいいのか分からず泣き出してしまいます。キャンプでは、泣いても1から10まで手伝ってくれるお母さんはいないので、子どもは初めて困難に直面します。



しかし、この経験こそがB幼稚園の大切にしていることなのです。

初めてお父さん・お母さんの力を借りずに「自分でできた!」を実感する

できないことは悪いことではありません。できないままにしてしまうこと、育ててしまうことこそが、いけないのです。できないことでちょっと恥ずかしい思いをし、それでも頑張っていざ自分でやってみたら、時間はかかるものの、必ずできます。



その時、初めてお父さん・お母さんの力を借りなくても、「自分でできた!」という達成感を味わえるのです。この経験は、脳裏に焼き付く体験となり一生残る思い出になります。



保護者様からキャンプ後に「自分でやるからいい」と言って、何でも自分の力で挑戦するようになりました!」という、うれしい話をよく耳にします。



子どもたちの「自信と自立」のスイッチを、押すことができただけでキャンプは大成功なのです。

その体験に年齢は関係ありません。つまり、何歳からでも、「一人でお泊まり」にチャレンジしてもいいのです。

年少々・年少クラスは、キャンプに参加することで“親元から離れる”ことに意味がある

夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感の画像2

年少々クラスのキャンプ(お泊まり)では「とにかく、2泊3日、怪我なく安全に楽しく過ごす」という目的なので、職員も他学年に比べて得に手厚く構成されています。



キャンプ中のプログラムは、山中湖周辺を散歩したり、スイカ割りをしたり、オデット号に乗ったりして楽しく過ごします。担任としては、「ママに会いたいー!」と泣き出してしまわないように必死です。



でも実際キャンプが始まると、「あれ?この子泣かないね?」「泣いている姿見ていませんよ」というような感じで、あまりに普通に過ごせてしまうので、私たちが拍子抜けしたりしていました(笑)。でもこれは、職員と子どもたちの信頼関係が築けている証だと思うので、最高にうれしかったです。



そして何より、笑顔で過ごせるのは子どもたち自身が頑張ったからですよね。

年中さんはサマーキャンプで山中湖一周!?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

菊池望美

某スポーツ系幼稚園を2015年3月にて退職。10年間の仕事で学んだ経験を活かしライターとしての活動を開始。学生時代は運動が苦手でスポーツから逃げていたが、なぜか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 夏のサマーキャンプは子どもの「自信と自立」のスイッチ!初めて親の手を借りずに「できた」を実感