人気度は「ブルーベリー」の約2倍。好みのジャムの味1位は、やっぱり!?のタイトル画像
公開 2023年01月24日  

人気度は「ブルーベリー」の約2倍。好みのジャムの味1位は、やっぱり!?

2,389 View

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.好きなジャムの味を教えて!

人気度は「ブルーベリー」の約2倍。好みのジャムの味1位は、やっぱり!?の画像1

※2022年12月9日〜10日(コノビー公式Twitterより)

「イチゴ」が人気!


1位は「イチゴ」で、61.5%でした。

続く「ブルーベリー」(26.9%)に約2倍の差をつけ、人気ぶりを示しました。

「マーマレード」は、11.5%でした。


国内で初めてつくられたのは、イチゴジャムだった!


トップ回答は「イチゴ」でしたが、たしかにジャムと聞くと真っ先に浮かんでくる味な気がします。

もし「ジャムの絵を描いて」と言われたら、真っ赤なイチゴジャムが入ったビンを描きそうですもん!

しかし、不思議ですね。

リンゴ、アプリコット、ピーチなど、ほかにも美味しい果物がある中で、なぜイチゴ味が好まれるのでしょうか。

もしかすると、日本におけるジャムの歴史が関わっているのかもしれません。

国内で初めてジャムがつくられたのは、1800年代後半のことでした。

その際に選ばれた果物は、イチゴ。

つまり、日本初のジャムはイチゴジャムだったわけです。

歴史がある分、人々が口にする機会も多く、親しまれるようになったのでしょう。

それに赤色は食欲をそそるので、美味しそうに見えることも理由としてありそうですね!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)


【参考】
アヲハタ「ジャムの起源」
https://www.aohata.co.jp/experience/knowledge/jamstory.html


※ この記事は2024年01月23日に再公開された記事です。

Share!

関連情報