この文章を読んでくださっているお父さんお母さんも、この先万が一、お子さんの診断について心にひっかかることがあるのなら、自分の勘に耳を傾けてみてもいいかもしれません。二箇所目の病院だけでなく、その場で医師に質問することも、納得のいく治療を選ぶための有効な手段になると思います。医療機関は、上手に利用していきたいですね。