1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルール

#2

「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルール

「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルールのタイトル画像

ゲームを解禁してから1年が経ちました。最初は不安も多かったのですが…。



小学校1年生の宿題の量がけっこう多くて驚いています。
丁寧にやると毎日30分~1時間はかかるのですが、ある理由で、息子は自分からすすんでやろうとします。


「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルールの画像1


ある日、ちょっとした用事があり、時間が無くなってしまった時のこと。
どうしても先にゲームをやりたいというので先にやらせたことがありました。
案の定、ゲーム後での宿題はやる気なし…。

やっぱり、ゲームがやりたい気持ちが、やる気につながっているんだなと確信しました(笑)。

でも、金曜日の夜は例外で、ゲームを先にやって、週末に落ち着いて宿題をやることもあります。


「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルールの画像2


毎日、口を開けばゲームのことを喋っている彼。
(大丈夫か…?依存していないか…?)

と思う一方で、そんなに四六時中考えられるくらい、好きなものに出会えたことは良かったなと思います。

新しい学校の生活や、友達関係、勉強、宿題…。
色々な環境の変化があり、悔しくて涙することも多かった一年でした。

大好きなゲームを、心の拠り所として欲しい気持ちです。



年の差夫婦と子どもたち

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 綾乃かずえの画像
綾乃かずえ

年の差夫婦で、現在1歳の息子を子育て中です!
宜しくお願い致します!...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「小1にゲームは早い」は杞憂だった!宿題も家族との会話も楽しむためのルール