1. >
  2. >
  3. >
  4. 感情的に子どもを叱ってしまった!そんな時に子どもに伝えたい言葉とは?

感情的に子どもを叱ってしまった!そんな時に子どもに伝えたい言葉とは?

感情的に子どもを叱ってしまった!そんな時に子どもに伝えたい言葉とは?のタイトル画像

ママだって人間。良くないことと知りつつ、つい感情的に子どもを叱ってしまうこともありますよね。そんな時に、子どもの心に傷痕を残さず、リカバリーすることが出来る言葉をお伝えします。

ママだって人間

子どもを感情的に叱ってはいけない。そんなことは、誰もが頭では分かっていますよね。けれどもママだって、1人の人間。疲れている時、心がささくれだっている時、ついつい子どもを感情的に叱ってしまうこともありますよね。



ちなみに私は、心を扱う仕事をしているゆえ、一見「いいお母さん」に思われがちなのですが、そんな私でも残念なことに、感情に任せて怒鳴り散らすこともあります。で、やってしまった後に自己嫌悪。本当は子どもが悪いわけじゃないことや、ただ自分の中にある鬱々とした感情を吐き出すために、子どもに責任をなすりつけただけだということを、自分自身が一番よく分かっていますから。



きっとあなたにも、思い当たることありますよね。

子どもの心に傷痕を残さないために

叱ってしまった事実はもちろん消せません。けれども、母親に感情的に叱られて、しゅんとしている子どもの心をリカバリーし、理不尽に感情をぶつけてしまった自己嫌悪を解消する言葉、それが「ごめんね」という言葉です。

え?そんな単純なことと思われますか?けれども素直に謝ることに、勝るものはないのです。この時に大切なのは「あなたが悪いわけではない」「自分がそもそもイライラしていたんだ」と、原因は子どもにないことをきちんと伝えること。



子どもだからと誤魔化したりせず、誠実に自分の気持ちを伝えましょう。感情的に叱ってしまった時に、子どもにとって良くないのは叱られた事実ではなく、「自分が悪い」「自分が悪いことしたからママは怒ったんだ」と自身を責める考え方のクセをつけてしまうことだったり、「いつママを怒らせるか分からない」と、人の顔色を見るクセをつけさせてしまうことです。



「3つ子の魂百まで」で、子ども時代についた考え方のクセは無意識(潜在意識)に刷り込まれ、成長した後もずっと続く習慣になりがちです。

「よいママ」を目指さない

そうは言っても、子どもに素直に謝ることは、自分の否を認めることになるため、けっこう勇気が要るんです。きっと「親は子どもに尊敬されなければならない」「親は正しくなければならない」みたいな意識が、無意識にあるからでしょうね。



ですから、もしすぐに謝ることが出来なかったら、場所を変えたり、時間を置いたり、タイムラグがあってもいいと思います。でも、時間がかかっても「ごめんね」を伝えないよりは、伝えた方がいいと私は思います。



「怒ってごめんね。あなたが悪いわけじゃないのよ」そう伝えることで、子どもがラクになるだけじゃなくて、自分の中にある自分自身を責める気持ちも、スッと消えていきます。



完璧ないいお母さんを、目指さなくても大丈夫。人はそもそも不完全な生き物です。不完全な自分だから、不完全な相手を愛することが出来るんです。感情的に叱ったりしない、「完璧なおかあさん」を目指すのではなくて出来ないことを前提に、出来なかった時に、それを補う方法を考えればいいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 しつけ・お世話

この記事を書いた人

砂羽美佳

アイ・ビジョニング代表
情熱ライフ プロデューサー
 
誰もが持っている「情熱の源泉」をたった20個のしつもんで引き出し、情熱人生を実現する専門家。

...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 感情的に子どもを叱ってしまった!そんな時に子どもに伝えたい言葉とは?