1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事

#67

褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事

褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事のタイトル画像

小学校1年生から毛筆の書道を習い始めた娘は、書道が向いていたようで始めたばかりの頃から「上手だね!」と褒められることが多かったです。そのせいか、褒められないと不機嫌になることも…そんな娘の意識が、あることをきっかけに劇的に変わりました。


褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事の画像1


「書けば褒められる」という状況が続いたせいか、「書いたのに褒められない」=「面白くない!」とばかりに
不機嫌になることが多くなってしまいました。

このままでは良くないな…と思っていた矢先のことです。



褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事の画像2


出品者全員に何かの賞が与えられるタイプの書道展に出したところ、一番下の「佳作」という結果に…。

「私は上手だから良い賞に違いない」

と思っていた娘はとても大きなショックを受けました。

泣きながら特別賞の作品を見に行ったところ

「とめも払いも全然違う!」
「こんなに上手な人たちがいるんだ!」

と衝撃を受けたようで、しばらく作品に見入っていました。



褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事の画像3


以前は「アドバイスされる」=「怒られた」と捉えて機嫌を損ねていた娘ですが、今では
「どうすれば良くなりますか?」と自分で先生に聞きに行くようになりました。

承認欲求を満たすために書道という手段を使っていたのが、「自分が良いと思う字を書けるようになりたい!」という
自分自身を高めたいという気持ちに変わってから、本当に格段に書道が上手になりました。

その結果、今では時々ですが、楯やトロフィーを貰えるようになりました。

たった1年の出来事ですが、娘は精神的に成長したなと感じています。

デジタルの時代ですが、アナログな書道という習い事に挑戦させて良かったなとしみじみ思う今日この頃です。



ひいちゃんまとめ

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ひいちゃんの画像
ひいちゃん

チェコ・プラハで妊娠&出産を経験し、育児をしていましたが、現在は日本で子育て中です!
小学校と中高数学の教員免許を持っているやんわり理系ママです。
ゴリゴリ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 褒められないからつまらない!と言っていた娘の意識が変わったある出来事