1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 妊娠したら知っておきたい! マタニティーヨガの効果と注意点

妊娠したら知っておきたい! マタニティーヨガの効果と注意点

妊娠したら知っておきたい! マタニティーヨガの効果と注意点のタイトル画像

妊娠したら「マタニティーヨガ」がよいとは聞くけど、実際にどんなことがよいのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。そこで「マタニティーヨガ」の効果と注意点をまとめてみました。

安定期に入ると、ようやく体も一安心。この時期からは、少しずつ体を動かしたりできるようになります。そこで、妊娠中でも無理になく体を動かすことができる「マタニティヨガ」をご紹介します。

「マタニティヨガ」の効果

マタニティヨガの主な効果は5点です。



①運動不足の解消

②体重の管理

③ストレス解消

④リラックス効果

⑤お産を楽にする



徐々に大きくなるお腹。お腹が大きくなるにつれて、動くのも億劫になりがちですよね。しかし、体を少しずつ動かさないと体重は右肩上がり、体もあちこち負担がかかり、様々な体調不良が生じてきます。



「マタニティヨガ」では、体を動かすことで運動不足の解消・体重の管理、そして嬉しいことに出産後の体型維持にも繋がっていきます。また、マタニティヨガで得られる呼吸法により、妊娠前と比べたまりやくなる、ストレスや不安を解消し、リラックスへと導き、楽しい妊娠期間を過ごせるでしょう。



そして、マタニティヨガの呼吸法によってお産を楽にしてくれる効果も期待できますよ。

「マタニティヨガ」の注意点

マタニティヨガの主な注意点は3点です。



①お医者さんに相談してから始めよう!

②頑張らずムリをせず、マタニティヨガを楽しみましょう!

③お腹が張ったり、体調が悪い時はやらない。



マタニティヨガは、だいたい安定期(15週目)からスタートして大丈夫ですが、赤ちゃんにとってはまだまだ大事な時期。まずは産婦人科の先生に相談をしてから初めましょう。



マタニティーヨガの目的は、ヨガを上達させることではありません。そのため、疲れたら休む、ムリなことはしないを心がけ楽しく体を動かしていきましょう!



また、毎日変化していく体。「今日はちょっとダルイなぁ〜」「お腹が張ってるなぁ〜」など、体調が悪い時は、マタニティーヨガはやらずゆっくりとお休みしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

遠藤理恵

日々、受講生徒より「気持ち良かったです♡」の言葉を
集めるために奮闘するヨガインストラクター。
自分らしさを仕事にしたくて、OLを辞め。
人が好きで、心理...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 妊娠したら知っておきたい! マタニティーヨガの効果と注意点