1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談

2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談

2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談のタイトル画像

親子でキャンプ!漠然と憧れながらも、準備や当日のテントのセッティングなどが大変そうと、二の足を踏んでいる方はいませんか?そんな時におすすめなのが、キャンプ場の区画内に車を乗り入れてその横にテントを張ることのできる「オートキャンプ場」。調理器具や食材も現地でレンタル、購入できるところを選んで、気軽なキャンプ体験をしてみましょう!

2歳児を連れて初めてキャンプ体験

我が家は昨年、お友だち家族と、家から40分ほどの函館市郊外のオートキャンプ場で初めてのキャンプ体験をしました。現在3歳~中2まで5人の子がいる我が家。一番上の子が赤ちゃんの時から、「子どもが大きくなったらキャンプとか体験してみたいな~」と思っていたのですが、下の子たちが生まれると、「準備とか現地でのセッティングとか初心者には大変そうだし、しばらくお預けかな……」と思うことを繰り返し、気づいたらキャンプ未体験のまま13年がたっていました。



そんな中でのキャンプのお誘い。お友だち家族は数回経験があるとのことで、「オートキャンプ場だから楽だよ~」という言葉に、オートキャンプ場がどういうものかよくわからないまま「行く!」と即答。我が家の末っ子が2歳の夏のオートキャンプ場体験をご紹介します。

2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談の画像1

手ぶらで楽しめるオートキャンプ場も

訪れたキャンプ場には、色々な種類のエリアがありました。



①:芝生内の自由な場所にテントを張るタイプ

②:テントの横に車を横付けできるタイプ

③:②+電源設備がついているタイプ

④:小屋タイプ(トイレ、洗面台、調理台、ベッドなど完備)



我が家ははもちろん、お友だち家族も、テントや寝袋は持っていません。選んだのは、①の、芝生内の自由な場所にテントを張るタイプ。荷物を運ぶために車ですぐそばまで行くことができます。荷物を運んだあとは、車はキャンプ場の駐車場へ。



そして、事前に予約していたテントや寝袋、イス、テーブルなどをまとめて借りられるおまかせパックと、バーベキューセットをレンタル。バーベキューの食材は、現地に向かう途中のスーパーマーケットで購入しましたが、ジンギスカンセットとしてお肉や鍋もレンタル予約でき、管理棟でも調味料その他の食料も販売しているので、正に手ぶらでもキャンプが体験できる手軽さです。



今回は男手も多かったので無事テントを張ることができましたが、難航した場合は、管理棟のスタッフの方に手伝ってもらうことも可能でした。我が家にはテントがない、購入してもうまく張れるか心配という場合には、レンタルもできていざという時に手伝ってもらえる環境は、グンとハードルが下がりますね。



コインランドリーや男女別のシャワールーム、水洗トイレ・多目的トイレ、共同炊事場があるサニタリー棟もあるので、1泊のキャンプ体験でも安心して過ごすことができました小屋タイプの浴室付き宿泊棟を利用すると一層、小さな子ども連れの初めてのキャンプ場体験を気軽に楽しめます。

2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談の画像2

小さな子連れでのオートキャンプ場で気をつけたいこと

ファミリーでオートキャンプ場に行くときに特に気を付けたいこととして感じたのは、子どもたちが遊び回る敷地内に車が入ること。開放的な雰囲気の中、子どもは芝生内だけでなく、車が通るスペースもとにかく走り回ります。大人が複数人いると、誰かが子どもを見てくれているような気分になってしまうのもありがちなこと。特に現地での準備段階の時は、「作業をする人」「子どもを見守る人」と役割をはっきり分けて十分に安全に留意する大切さも感じました。

思い切ってキャンプにトライしてみよう

さてさて、幼児期前半の子ども連れだと特に気になるのが、「異なる環境下でちゃんと眠りについてくれるか」。私もこれが実は一番心配だったのですが、2歳4ヵ月だった末っ子、走り回ったり遊具で遊んだり、たくさん活動してたくさん食べ、テントに並んで寝るという新鮮さもあり、心配はどこへやら、夜9時半過ぎにあっという間に眠りに着き、朝は5時に目覚めて遊び出していました。思い切ってトライしてみると、いい意味で予測を裏切られることもあるものですね。



2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談の画像3

子どもが増えたり成長して色々な場面で大人料金が発生するようになると、費用面の負担もあり、旅行から遠のいてしまうこともあると思います。そこにキャンプという選択肢が入ると、夏場の旅も行動範囲が広がりそうです。

この夏から秋、オートキャンプ場でのキャンプ体験、いかがでしょうか。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

千葉美奈子

ベビーマッサージ、親子リズム遊びなどのイベントを開催しながら、中2、小6、小5、小2、3歳の四男一女の子育てをしてきました。
転勤族で東北、関東、北海道の5つ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >
  6. 2歳の子連れキャンプ!キャンプ初心者でも楽しめたオートキャンプ場でのキャンプ体験談