1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”

店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”

店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”のタイトル画像

自宅で遊ぶことがふえた最近。ごっこ遊びが大好きな娘のために考えたのがおうち居酒屋でした。子どもはもちろん、親の私も想像以上に楽しめました!


おうち居酒屋開店!


人が多く集まる場所には行きづらい時代。

「家の中で何か楽しいことできないかな~」ということで、思いついたのがおうちで居酒屋ごっこ。

理由は娘がごっこ遊びと料理のお手伝いが大好きだから!

好きなもの2つがコラボすると、楽しさが倍増するのではないかと考えたのです。


そして、もう1つの理由。

それは、私が居酒屋大好きだからです!

子どもができてからというもの滅多に呑みにいかなくなりました。

自宅で呑んでも、せいぜいビール1本~2本くらい。

私だって、たまには居酒屋行きたい!

娘の遊びは口実で、自宅に居酒屋を再現してみたいというのが私の本音だったかもしれません。

とは言え、店主はもちろん娘。

私は娘の下で働く店員さんです。


店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”の画像1
pixta_91987919_S

7歳児が店主の居酒屋!メニューはどうする?


「居酒屋ごっこしてみる!?」

私の提案に娘は大喜び!

日程を決め、数週間前からメニューを考えはじめました。

娘は7歳。簡単なものであれば1人でも調理できます。

娘でも作りやすいものをメインに、2人で考案しお品書きのように書いていきました。


1.トマトのベーコン包み

ミニトマトをベーコンで包んで、チーズをのせてトースターで焼くだけ!

ベーコンを巻いてつまようじを刺すところが難しいかなと思いましたが、なんとか娘1人で調理できるだろうと予想しました。


2.もろきゅう

きゅうりを切って、もろみ味噌とマヨネーズを添えて完成!

私が傍で見守っていれば、娘も包丁を使って野菜を切ることができます。

すこし不揃いであっても問題なし。きゅうりのカットを娘にやってもらおうと思いました。


3.豚肉と白玉とオクラの炒めもの

娘と一緒にテレビで見たレシピをアレンジ。

下ごしらえは私が担当。

白玉粉をだんご状にしたり、炒めたり、味付けしたりといった作業を娘が行うことにしました。


4.そのまま提供できるメニュー

居酒屋というからにはお品書きにできるだけたくさんの料理を書きたい!

かまぼこや、お刺身など、調理せずそのまま提供できるものも用意しました。


5.ドリンクは家族の好みに合わせて

飲み物は、私用のビールのほか、娘用のジュース、夫用のお茶、おばあちゃん用の赤ワイン、その他、焼酎の水割り、炭酸割、水など。

家族それぞれの好みに合わせて準備しました。


5つの料理名と複数のドリンクを書き連ねると、画用紙が居酒屋のお品書きに変身しました!


店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”の画像2
pixta_39149677_S

店内の装飾、当日の段取りは?開店準備はてんやわんや


メニューが決まったところで、次は店内の準備もしなければなりません。

わが家でもっとも居酒屋ぽく見えるキッチンカウンターを利用することにしました。

キッチンへの入り口には、娘の名前入りの店名が書かれた手作りのれんを準備することに。

当日の段取りとしては、私と娘で調理し、準備が完了したら私は常連役にチェンジ。

一見のお客さんとして、私の母と姉が来店することになりました。

母と姉が食事を終える頃、ちょうど夫が仕事から帰ってくるので、会社帰りのサラリーマン役として入れ替わることとしました。


そして、娘が待ちに待った居酒屋さんごっこ当日!

学校や習い事を終えた娘と一緒に、夕方から調理にとりかかりました。

手軽なメニューばかりなので問題なく準備できるだろうと思っていました。

しかし、やはり子どもと一緒だと想像通りにはいかないものです。

きゅうりを切る、トマトのへたをとる、白玉をまるめる……

これだけのことでも結構な時間がかかってしまいました。

負けず嫌いの娘は「私が手伝おう」と言っても耳を貸さず、「準備ができたら連絡するね」と伝えてあった母と姉は、しびれを切らして来店してしまいました。

最終的には私も手伝い、汗だくになって準備を終えました。


店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”の画像3
pixta_71410509_S

居酒屋の店主はどこへ……


この記事を書いた人
カッパの画像
カッパ

6歳女の子の母。幼稚園の役員やママ友との交流など、子ども関連を優先しながら細々とライター活動をしています。現在の息抜きは、娘を寝かしつけたあと夜な夜なラジオを聴...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 店主が途中でお風呂に!?ハプニング連続も、親子で大満足だった”おうち居酒屋”