国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることのタイトル画像
公開 2022年08月26日  

国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれること

9,205 View

異文化ゆえに衝突が多い我が家ですが、異文化ゆえに意見が合う……こともある!


>シリーズの最初から読む


まいどおおきに!ベルギー人夫と常に意見が食い違っているように見える系オカン、さとえみです。

国際結婚ということもあり、そういう場面は確かに多いのですが、それでもたまには夫と子育てについての意見が合う時があります。

国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像1
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像2
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像3
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像4

言語(日本語) 学習においては、ほとんど賛同してくれるベルギー人夫


我が家の住んでいるベルギーは、フランス語やオランダ語、ドイツ語が公用語になっている多言語国家です。

ベルギー人の夫も5カ国語をある程度話すことができるため、複数の言語を学ぶことについては、非常にポジティブに考えているようです。

そのため、我が家の日本語教育についてもとても好意的で、 これに関することは絶賛応援してくれます。

国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像5
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像6
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像7
国際結婚、意見の食い違いばかりじゃない!ベルギー人夫が全力で応援してくれることの画像8


「数年に1度は日本に長期滞在して、日本の学校に体験入学する」ということについても、二つ返事でオーケーしてくれた夫。

日本のジブリなどの映画を積極的に見るのもオーケー。

週末、子どもたちが漢字プリントに取り組むのもオーケー。

私が日本の教科書を読み聞かせするのもオーケー。

それどころか、「君は他の母親にはできない、とても得難いことをやっている」と大絶賛(夫個人の感想です)。

少し気持ちが悪いくらいに好意的なのです。


子どもたちが漢字の勉強などに取り組んでいる時は、夫が自ら積極的に家事を引き受け、私や子どもたちに負担をかけさせまいとするところも健気です。

(私は子どもが家事をすることも勉強の一環だと思っているので、すべての家事を夫がやってしまうと、それはそれで困ったことになるのですが……。)


とにもかくにも、子どもたちの日本語学習における夫のスタンスは、とてもやりやすくありがたいなぁと思っております。

他のことでは衝突しがちな我が家ですが、こういう時もあるのでバランスが取れているのでしょう。


衝突をすることもあれば、しないこともある。

当たり前といえば当たり前ですが、我が家もそんな感じです。


ほなまたね!

※ この記事は2024年02月22日に再公開された記事です。

Share!

ベルギーから、まいどおおきに!のタイトル画像
ベルギーから、まいどおおきに! #113
さとえみのタイトル画像 さとえみ