「ウッ、甘すぎ…!」料理にお砂糖をいれすぎた時の、リカバリー法とはのタイトル画像
公開 2022年09月04日  

「ウッ、甘すぎ…!」料理にお砂糖をいれすぎた時の、リカバリー法とは

14,459 View

味付けミス、みんなどう対応しているのでしょうか?


味付けミスを修正したい!


お料理していると、

「あ、ちょっと調味料入れすぎた……」

ということ、ありますよね。

「料理に砂糖を入れすぎてしまったら、何を入れれば中和できるのでしょうか?」という相談が、Q&Aコミュニティサービス 「教えて! goo」に寄せられました。

足りないなら足せばよいけれど、入れすぎの場合は困りますよね。

回答をご紹介します!


量は増えるけど…

「ウッ、甘すぎ…!」料理にお砂糖をいれすぎた時の、リカバリー法とはの画像1
pixta_85837239_S


味付けミスのなかでも今回は、「砂糖の入れすぎ」というお悩みです。

参考になる回答に、「調味料で薄めるより、そのもらったものを基にして、ほかの具をいれ、新しいものを作り出すほうが、いいと思います。」

というものがありました。

確かに、野菜などを増やしてから味を調えれば、好みの味に近づけられます。

量が増えてはしまいますが、苦手な味を我慢するより良いですよね。

煮物系であれば、こんな手も。

「水を足し、軽く洗って全部煮汁を捨てます。食べてみて、それでも辛い、甘いと思うなら多めの湯で煮ます。」


ピンポイントですが、ナポリタンの場合の具体的なアドバイスもありましたよ。

「具を足して味をつけなおす。ホールトマトとソース、塩を鍋で少し煮詰めて、赤ワインも少々。それから甘いパスタとあわせる。」

トマトと赤ワインで、さっぱり&大人っぽい味になりそうですね。


調味料でなんとかするのなら

「ウッ、甘すぎ…!」料理にお砂糖をいれすぎた時の、リカバリー法とはの画像2
pixta_63316853_S


・醤油や味噌を足して甘辛系に

・お酢を足して甘酢風

・コショウをたくさんかける

・唐辛子をたくさん入れて辛くする

というアレンジ法が出てきました!

元のお料理によりますが、少し足すことでリカバーできそうであれば簡単ですね。

塩分を足す場合は、味が濃くなりすぎないよう注意します。



さまざまな対処法をご紹介しました!

ちょっと味付けに失敗しても、もったいないのでどうにか美味しくいただきたいですよね。

困った時に、ぜひ参考にしてみてくださいね!



(編集:コノビー編集部 岡田)




※ この記事は2024年01月01日に再公開された記事です。

Share!

関連情報