1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「完全個室がある」パパママは1割。自分の部屋を持つハードルは高い…。

#373

「完全個室がある」パパママは1割。自分の部屋を持つハードルは高い…。

「完全個室がある」パパママは1割。自分の部屋を持つハードルは高い…。のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.パパママに質問!自宅にひとり部屋はある?

「完全個室がある」パパママは1割。自分の部屋を持つハードルは高い…。の画像1

※2022年7月26日〜27日(コノビー公式Twitterより)

約9割のパパママが「ひとり部屋はない」


最多回答は、「ひとり部屋はない」(87.5%)でした。

「完全個室がある」は10%、「半個室がある」は2.5%にすぎません。


もし部屋があっても、「こもれる気がしない」


子どもを持った後のプライベート空間について周りのパパママに聞いてみたことがありますが、アンケート結果のように「ひとり部屋なし」が多かったです。

「もともと部屋数が多くない賃貸だし、夫婦それぞれが部屋を持つのはきついです」

「子ども部屋を優先しているので、親のひとり部屋はないです」

子どもひとりで、4LDKの家に住んでいれば夫婦それぞれの部屋は確保できますが、住居費はそれだけ上がりますしね。

ほかには、生活習慣から考えて「ひとり部屋は要らない」との意見もありました。

「平日は仕事で不在だし、夜や休日には子どもの世話があるのでこもれる気がしない」

「ひとりになりたいときには自宅の外に出る方がリラックスできる」

子どもの年齢や人数にもよりますが、目が離せない年齢だと、たとえ自分の空間があっても活用しきれないと考えているようです。

筆者宅では妻と共用してプライベート空間をつくっていますが、子どもたちと遊んだり、絵本を読んだりするため結局のところ、リビングにいることがほとんどです。

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)


アナタは多数派?令和子育てホンネ投票

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「完全個室がある」パパママは1割。自分の部屋を持つハードルは高い…。