1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 土用の丑のうなぎ、食べるか「迷っている」は2位。1位は…?

土用の丑のうなぎ、食べるか「迷っている」は2位。1位は…?

土用の丑のうなぎ、食べるか「迷っている」は2位。1位は…?のタイトル画像

コノビーみんなのアンケート☆
現代育児に奮闘中のパパとママ。そのリアルな声を、そのままお届けします。


Q.土用の丑の日!うなぎは食べる?

土用の丑のうなぎ、食べるか「迷っている」は2位。1位は…?の画像1

※2022年7月13日〜14日(コノビー公式Twitterより)

トップ回答は「食べない」


1位は「食べない」(50%)で、「迷っている」(34.2%)が続きました。

明確に「食べる」と答えたパパママは、わずか15.8%。

うなぎの購入を決めかねている層がすべて「食べる」に移るとは考えにくいので、土用の丑の日にうなぎを食べないパパママが多いのですね。


高いけど、香ばしい香りをかぐと食べたくなる!


それもそのはず。

スーパーの魚売り場を見ると、国産うなぎの蒲焼きはなんと2000円超え…。

ひとり暮らしならともかく、家族がいるとなると蒲焼き1枚だけでは足りないので、2枚以上は買うことになります。

となると、うなぎの蒲焼きで4000円〜6000円かかることに。

昔はもっとリーズナブルだった気がするのだけどなぁ。

さんまと同じく、うなぎも高級魚になってしまいました。

とはいえ、たしかに値段は高いものの、土用の丑は季節の行事ではありますし、あの香ばしい香りとタレのあまーい香りを嗅ぐと食べたくなってきます。

うなぎ独特のぬめりはお子さんの好みではないかもしれませんが、「土用の丑の日には、頭に『う』がつく食べ物を食べる。中でもうなぎを食べる日なんだよ」と、季節行事を教えるきっかけにはなりそうです。

そういえば、コノビーライターの粥川結花さんは記事の中で「あなごでの代用」について触れていました。

形も食感も、うなぎに似ていますしね!

ちなみに土用の丑にはうなぎや「う」がつく食べ物だけでなく、土用しじみも有名です。

土用の丑にうなぎを食べるようになったのは江戸時代ですが、それ以前にはしじみをよく食べていたそうですよ。

現代の夏は江戸時代の夏とは比べ物にならないくらい暑いでしょうけどね。

体に良いものを食べて、健康に過ごしたいですね!

アンケートにお答えくださり、ありがとうございました。

(コノビー編集部:そのべ)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 土用の丑のうなぎ、食べるか「迷っている」は2位。1位は…?