1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣きの原因とは?ママパパのお悩みを解決

赤ちゃんの夜泣きの原因とは?ママパパのお悩みを解決

赤ちゃんの夜泣きの原因とは?ママパパのお悩みを解決のタイトル画像

多くのママパパが子育て中にぶつかる課題である、赤ちゃんの夜泣き。赤ちゃんの夜泣きの原因としてはどういったものがあるのでしょうか。夜泣きについて解説します。

出典:http://cdn.morguefile.com/imageData/public/files/h/hogg/preview/fldr_2008_11_02/file000773608504.jpg

赤ちゃん夜泣きの原因はわかっていません

夜泣きの原因にはいろいろな説がありますが、はっきりとは分かっていません。お腹がすいたわけでも、おむつがぬれているわけでもなく、これといった対処方法がないのが特徴です。昼間は機嫌が良く遊んでいて寝る前もすんなりと寝かしつけられたのに、夜中にいきなり泣き出し、なにをやってもしばらく泣き止まないこともあります。多くの場合、夜泣きは生後半年から1歳半までに起こると言われていますが、夜泣きが始まる時期や終わる時期は赤ちゃんによって個人差があります。中には、夜泣き自体がほとんどなかったという赤ちゃんもいます。

多くのママやパパが夜泣きに悩んでいます

アンケート結果によると、子育て中の7割のママが夜泣きに悩まされた経験があるとのこと。実際、夜泣きは原因がはっきりしておらず具体的な解決策がないため、夜な夜な睡眠時間を削って対応しなければならず、悩んでいるママやパパは多くいます。睡眠時間が確保できず、厳しい戦いだと感じるかもしれません。しかし、赤ちゃんはもともと泣くのが仕事。今は夜泣きをしている赤ちゃんも、時期がくれば夜泣きをしなくなるということを信じ、ママとパパが協力して頑張るしかありません。

成長と共に変化する赤ちゃんの睡眠リズム

新生児期の赤ちゃんは、昼夜の区別をする体内時計がまだ発達しておらず、昼夜関係なく泣いたり寝たりを繰り返します。昼夜の区別は生後3ヶ月くらいからだんだんつけられるようになります。生後6ヶ月くらいになると、昼間遊んで夜寝るという睡眠リズムができてきます。この頃には少しずつですが、夜にまとまった睡眠時間で寝てくれるようになるでしょう。ただしその場合でも、赤ちゃんの睡眠サイクルはまだ未熟なため、大人のように浅い眠りと深い眠りをうまく繰り返すことができません。そのため、浅い眠りの際に起きてしまうことが夜泣きに繋がるという説もあります。

赤ちゃんも悪夢にうなされることがある?

赤ちゃんは成長にともなって知能が発達し、夢を見るようになるという説もあります。昼間に色々な人に会ったり、刺激を受けたりしたことを夢として見ているのでしょうか。一説では、夢を見ているときに夜泣きをするのではないかとも言われています。まるで悪夢を見たときのように、うなされて夜泣きをする赤ちゃんもいるようです。もし夢でうなされて夜泣きをしているように見える場合は、一旦起こしてあげると夜泣きが収まるかもしれません。

夜泣きが起きたらチェックしたいポイント

夜泣きが起きたら、赤ちゃんを注意深く観察しましょう。原因不明の夜泣きの場合もありますが、原因がはっきりしている場合もあります。チェックしたいポイントは、喉が渇いていないか、部屋の温度は適温か、お腹などどこか痛いところがないか、などです。普段の夜泣きと同じように見えても、実は病気で調子が悪いために泣いている場合もあります。いつもの夜泣きと少し違うと思ったときは、十分注意して観察することが大切です。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

沙理奈ママ

0...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの夜泣きの原因とは?ママパパのお悩みを解決