1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけ

「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけ

「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけのタイトル画像

私の連れ合いは「効率的」な事が好きなので、家事に関しても「効率的」なことを好みます。でもそのせいで、悪気はないけどちょっとショックなことを言われてしまいました(笑)


「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけの画像1


以前は何の気なしに洗い終わった洗濯物を畳むようお願いしてきていた夫ですが、娘が生まれてからは

「別に畳んでなくても着るのには困らないし畳んで片づけたいものは自分で畳める。
ママが一人で全部畳む時間で他の事ができた方が、家庭全体で見ると効率的なんじゃない?」

と言い出したので、大喜びでその案に乗り、乾燥後の洗濯ものは仕分けるだけになりました

これだけでもずいぶん楽になったのですが…。


「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけの画像2

みんなの洗濯物を一緒に洗うと私と夫は服の色のチョイスが似ているため、仕分けた時にたびたび洗濯物が混ざっていました。

それを解消するべく、別々に洗おうという意味だったんですが


一緒に洗濯しないで!


中高生の娘を持つ父親が子どもから言われて傷つであろうセリフを言われてしまいました(笑)

ちょっとガーン…とショックを受けましたが、確かに家事の手間がまた少し省けたので良しとします(笑)

これからも一緒に効率的に家事に取り組みたいです。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ひいちゃんの画像
ひいちゃん

チェコ・プラハで妊娠&出産を経験し、育児をしていましたが、現在は日本で子育て中です!
小学校と中高数学の教員免許を持っているやんわり理系ママです。
ゴリゴリ...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 「家事の効率化」が大好きな夫。とっても助かるけど、ちょっと悲しかったわけ