1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?

気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?

気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?のタイトル画像

妊娠生活を送る上で、妊娠線が気になる方が多いではないでしょうか。今回は、妊娠線を予防する方法をご紹介します。

今回は、妊娠線についてお話しします。妊娠も中期にさしかかるとお腹が目立つようになります。このころから気になるのが妊娠線ですよね。



体質にもよりますが、毎日のお肌のケアで予防する事も可能なのです。妊娠線は皮膚がお腹のふくらみに追いつかないで避けてしまうことで起こります。皮下脂肪は、水分を多く含むために弾力性があるのですが、表皮は弾力性に乏しいのです。人によってはお腹だけでなく、おっぱいや太ももにまで出来てしまう事もあります。



妊娠線の予防の秘訣は「水分」ということになります。皮膚の表面を保湿クリームでまんべんなくマッサージする事。専用のクリームは、高価なので普通のコールドクリームでも十分なのです。

妊娠線を予防する入浴法

クリームを塗るのは、「入浴後」がいちばん効果的と言われています。肌が、たっぷりと水分を吸って、毛穴も開いています。潤いのある肌に保つ効果が期待できます。



お風呂に入る前に、いつも使っている「石鹸」をよ~く見てください。石鹸は、皮膚の脂肪分まで落としてしまいます。あなたの使っているその石鹸、合成界面活性剤を使っていませんか?もしそうなら、天然石鹸といわれるものに変えるのが良いと思います。泡の立たない油分をあまり落とさないものを選んで下さい。



そして、タオルやスポンジを使わずに、手で身体を洗って下さい。タオルなどに石鹸をつけて、ゴシゴシ洗うと油分を余計に落としてしまいます。自分の手で優しくマッサージしながら洗うと皮膚も柔らかくなります。



お湯の温度は、39度がおすすめ。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる事。39度というのは、羊水と同じ温度なんですね。羊水に浮かんでいる赤ちゃんを想像してゆっくりと入って下さい。

気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?の画像1

入浴後のマッサージ

お風呂から上がったらタオルで水分を全部拭き取らないように注意して下さいね。すぐにパジャマなんか着てはダメですよ。パジャマが、身体についた水分を全部吸収してしまいますからね。ゆったりとしたガウンがいいですね。風呂上がりに水分もたっぷり摂りましょう。



落ち着いたら、いよいよクリームの出番です。高価なクリームでなくても良いですから、たっぷりと使いましょう。基本的には、心臓に遠いところから近いところへ向かって塗って下さい 。お腹周りは、特に優しくゆっくりとマッサージですよ。強くすると赤ちゃんが驚いてしまいますからね。



お腹は、中心から外側へ。下腹部から上腹部へゆっくり。今度はおしりです。膝の裏からおしりに向けてなで上げます。おっぱいは、内側から下へ向かって半円を描くように。いずれも10回を目安にして下さい。



マッサージといっても、優しくなでるようにクリームを肌に塗るという感覚です。お腹周りを塗る時には、赤ちゃんに話しかけながら行いましょう。

日常の妊娠線予防

気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?の画像2

さて、これまでに入浴法とマッサージのお話をしました。さらに、普段から皮膚を柔らかくする事を心掛けましょう。



・適度な柔軟体操。

・運動不足にならないようによく歩くこと。

・お掃除はそんきょの姿勢。



そんきょの姿勢とは、お相撲さんの土俵入りの姿勢ですね。そして、かゆくなった時には掻いてはいけません。クリームを塗りましょう。乾燥してくるとかゆくなります。常に保湿を心掛けましょう。

妊娠線予防には食事も大切

妊娠線予防には食事がとても大事です。コンビニやファストフードばかり食べていては、身体はガサガサになります。当然、お肌には、張りも弾力もなくなっていきます。日常の食事にも気を遣えるといいですね。コラーゲンやビタミンたっぷりの食事。コラーゲンたっぷりの食事と言っても、毎日フカヒレを食べろとは言いません。コラーゲンたっぷりの食材には、鶏肉の皮、牛もつ、魚のゼラチン質など、たくさんあります。



例えば、鯛のあら煮って、作ったことありますか?あの煮汁が冷えると固まりますよね。それがゼラチン質なのです。コラーゲンたっぷりの食事。この材料ならば、旦那様も大歓迎でしょう。



あとは、水分補給も大事です。おいしい食事と水分補給で、妊娠線とさよならしましょう!

出来てしまった妊娠線をわかりにくくする方法

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 妊娠線

この記事を書いた人

柴田悦治

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。

その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれて...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 気になる妊娠線!妊娠線を予防する方法とは?