1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズ

暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズ

暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズのタイトル画像

一年の中で一番日の長い季節を迎え、これから暑さも本番ですね。今年の夏の暑さを乗り切る準備はできていますか?今回は、暑い日を涼しく元気に過ごすヨガのエクササイズをご紹介いたします。

シータリーの呼吸

ヨガや日常生活では、通常は鼻呼吸をしています。鼻呼吸では、外から入ってくる細菌やゴミが直接肺に入ってしまわないように、鼻腔・鼻毛がクッションになっています。冬は、特に乾燥した冷たい空気に適度な湿り気と温度を与えてくれるメリットがあります。



口で呼吸をすると水分が蒸発して喉が渇きますが、水分は蒸発する際に体熱を奪い、涼しく感じさせてくれます。体熱とは、体が産生した熱のことです。試しに、鼻から息を吸うことと口から息を吸うことをして、吸いいれた空気の体感温度を比べてみて下さい。



鼻から喉を通る空気よりも、口から吸った空気の方が冷たく感じませんか?それを利用した、暑い日におすすめのシータリーと呼ばれる口呼吸法をお伝えします。暑いからと、冷たいものをがぶ飲みする代わりに、時には冷たい空気を吸ってみてはいかがでしょうか。

舌を丸めて行う方法

・舌を縦にストロー状に丸めこみ、そのストローから息の出し入れをします。



※慌てず、細く長くゆっくりと呼吸をしましょう。

暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズの画像1

”イ”の口で行う方法

・上の歯と下の歯を「イ」の口を作るようにくっつけて、歯の間から息の出し入れをします。



※舌を丸める方法よりも簡単に息が出入りするのですが、ゆっくりと細く長く呼吸をしましょう。

暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズの画像2

体温調整のツボ刺激

私達が「暑い」と感じる時、全身で同じくらいの暑さを感じているでしょうか。冷房のかかった部屋にいても、暑いと感じやすい顔に比べて、ふくらはぎや足先などは冷えていたり体の表面は汗をかいていても、体の深部は冷えていたりなど、体の場所によって暑さにムラがあることが多いものです。



ムラがあるということは、体熱が多すぎる部分と少なすぎる部分があって(つまり体の熱エネルギーの分布が偏っていて)、多い所から少ない所への流れが滞っているということが言えます。一時的に偏ったとしても、気血の巡りが良ければほどなく偏りは解消されます。



心身の流れの滞りを取り、自律神経の働きを整えて、体温の調整をしやすくするための、ツボ刺激のポーズをご紹介します。

百会のツボ刺激

・頭頂部と両手のひらの3点を、正三角形の頂点の位置に置いて、頭頂部を床の上でコロコロと転がします。



※気持ち悪い時、痛すぎて不快な時はお休みします。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

ライフスタイル ダイエット・体型管理 ヨガ

この記事を書いた人

美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 暑い夏を涼しく乗り切る!かんたんヨガエクササイズ