1. >
  2. >
  3. >
  4. 【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?

【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?

【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?のタイトル画像

2015年6月、8才の娘をつれて現地で3つのサマープログラム(動物園、沼地探検、水族館)を経験しました。今回は、第2週目に参加した、Mud Mucking(沼地探検)のアウトドアプログラムをご紹介いたします。将来、子どもに夏留学を経験させてあげたいと考えているご家族の参考になりますと幸いです。

アメリカでサマープログラム「沼地探検」!

8才の娘と米国コロラド州に、1ヶ月間の「ぷち留学」をしました。今回は、沼地探検のアウトドアに参加したお話です。朝8:30-14:30のプログラムで6-8歳向けのプログラムです。参加人数は10人ほどで、若いインストラクターが担当してくれます。

クラスルームはなく、原っぱで活動スタート!

【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?の画像1

沼地探検では、沼や池にはいって、ザリガニ・カエル・魚などを探したり、草原でランチを食べたりと「サマーキャンプ」という名前がぴったり。娘がとても楽しみにしていたプログラムです。

スタッフの英語は早口!娘は大丈夫かとハラハラ

このサマープログラムは、デンバーの中心部から車で1時間ほど郊外にある州立公園の中で行われています。インストラクターは、とても早口で、体育会系。娘がその雰囲気についていけるか心配でしたが、結果的に、初日は楽しめたようで、2日目も元気に参加していました。友人宅へのホームステイで、毎日、慣れない英語生活になっているので疲労が蓄積してきているころだと思うので、精神面も体調面も、ケアしてあげなくてはいけないですね。



なお、プログラム中は、6:15に起床してお弁当をつくって、7:15には家をでるスケジュールです。14:30にプログラムが終わり、(その時、泥だらけになっています)、自宅に帰ってくると17:00頃になりますので、子どもにとっては連日ハードな活動といえます。

5日間で329ドル。オンラインでの書類提出でOK

【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?の画像2

費用は5日間で329ドル(約40,000円)でした。当プログラムは企業が運営しており、必要設備が少ないとはいえ、これくらいの金額になるのは妥当だと感じました。



申し込む際の提出書類を準備するのが大変でした。



提出書類は、主に以下の5点:

(a)免疫についての書類

(b)ぜんそくについて

(c)服用している薬について

(d)アレルギーについて

(e)保護者の連絡先、緊急時コンタクト、指定病院の希望



書類(a)は、かかりつけの小児科医が作成しサインが必要だったので3,000円ほど費用が必要。日本で受けている予防接種のみしか記入できないので、空白ができてしまいますが、結果的に問題はありませんでした。



(b)(c)(d)に関しては、辞書でいろいろ調べながら、花粉症のことなどを記入しました。



(e)の指定病院は、デンバー在住している日本人の友人に聞きました。

【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?の画像3

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事 教育 英語教育 グローバル教育

この記事を書いた人

パパ・イングリッシュ!

パパ・イングリッシュ!〜 パパといっしょに英語であそぼう 〜

生活の中で使える英語フレーズをアクティビティを通じて学ぶ「親子で参加するイベント型の英会話レ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【幼児教育】英語学習に8歳の娘とアメリカでアウトドアサマープログラムに参加!充実の沼地探検とは?