1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えよう

子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えよう

子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えようのタイトル画像

よく、「子どものケンカ、大人はどう対応すれば?」というお悩みの声を耳にします。でも、実はケンカって子どもたちを育むチャンスなのです!私なりの保育経験を通して、具体的なエピソードと共に「ケンカ」についての対応方法をお伝えします。

「ケンカ」ということについて

今回は自分自身も少し苦手な題材について書いてみようと思います。

それは「ケンカ」について。



この「ケンカ」については、一概に決まった意見をいうことが難しく、大人になっても私自身、まだ家族とケンカをしてしまう時があるのに、子どもに何が伝えられるのか?と常々考えてしまうテーマです。



ですが、私なりの保育経験を通して思うことについて少し書かせていただこうと思います。

子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えようの画像1

子どものケンカが始まったら、すぐ止めますか?それとも見守りますか?

私は、しばらく(ひどい怪我をしない程度)見守るようにしていました。子どもたちのケンカが始まるには、それなりの理由があったり思いがあったり、状況に応じていろいろなことが考えられます。ちゃんと自分の意思があるわけなので、ケンカ自体が悪いことだとは思いません。



そして見守っているうちに、大人が中に入らなくても仲直りできる時もあれば、叩き合いに発展する時もあります。そんな時は、昔から喧嘩両成敗という言葉があるように、私は(状況によってですが)二人とも叱るように心がけていました。



「たとえどんな理由があるにせよ、お友だちと仲良く遊ぶというみんなと先生との約束を守らないのは二人ともいけない」「みんな仲良く楽しく遊びたいのに二人が仲良くできなかったらみんなが悲しいよ?みんなが悲しくなって嬉しい?」と聞いてみます。



そして、時に心優しい女の子から「2人に仲良くしてほしい」なんて言われてしまうと、もう男の子は自分たちが恥ずかしくなってすぐに仲直りしたりして(笑)。



これまで、その時に応じた言葉掛けや仲直り方法を決めて対応をしていました。確かにケンカには理由はあるのだけれど、問題はケンカより「どう仲直りするのか」の方が大切で、子どもをいつまでも赤ちゃんだと思い込んで、大人目線で一方的にその機会を奪ってしまうのはどうかなと思います。



確かにケンカはしない方がいいのかもしれませんが、冒頭で述べた通り、ケンカすること自体はそんなに悪いことでもないのでは?と思います。むしろ、ケンカをしないまま成長してしまうと、悪いことと良いことの違いを学べなくなっている気がします。そんな子どもたちに代わって大人の皆さまへ一言。

「問題はケンカをすることではなく、ケンカの後にどうするか、ですから」

子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えようの画像2

じゃあ、子どもが幼稚園でケンカしたら、どうすればいい?

それでもお子さまを育てているご両親にとって、ケンカはついナーバスに考えてしまう話題かもしれません。例えば幼稚園に入って、まだ園に慣れていない時に我が子がお友だちに引っ掻かれてしまったり、もしくはお友だちを噛んでしまったりしたら、どうですか?想像するだけで心配に駆られてしまうかもしれません。相手の子どものこと、ご両親のこと、何も情報がなければ対応するにも何をどう対応したらいいのかなおさら心配ですよね。



ただし、幼稚園の生活ではよくケンカが起こる!!そういう場所なのだと思って下さい(園で起こったことは園に、安心して先生に任せていただいてOKです!)。

と言うと誤解を招きそうで心配ですが・・・(笑)。(あくまで私自身の意見です)

幼稚園は子どもにとって「初めて社会を学ぶ場所」

子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えようの画像3

幼稚園は親元を離れて「初めて社会を学ぶ場所」です。初めての先生に、初めてのお友だち、初めてのルールや、初めての習い事。集団生活の中で初めてやることを、初めましてのお友だちと切磋琢磨し、体も心も健やかに大きくなる場所なんです。



相手がいなければケンカもできません。何でも、自分の思い通りに過ごせる環境で育っていたら、豊かな心が育たない気がしませんか?誰かとケンカをすることは心の成長に必要な材料なのです。



年齢によって様々ですが2歳児から3歳児は、まだうまく会話もできないため言葉で表現できない分、手が出ます。この時は「だめでしょ」と注意しても、子どもは「わ~(泣)」という感じで、話を何時間しても、注意しても変わりません。もちろん、相手の子を叩いてしまったら、その子を叱り「ごめんね」「いいよ」の仲直りをさせていましたが、そもそも「相手を叩く」ということをあまり考えずにしてしまう年齢なので、大人にも工夫が必要です。

例えば、こんなケンカ、どう対応したらいいの?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

菊池望美

某スポーツ系幼稚園を2015年3月にて退職。10年間の仕事で学んだ経験を活かしライターとしての活動を開始。学生時代は運動が苦手でスポーツから逃げていたが、なぜか...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どものケンカは成長のチャンス!とっさに「仲裁に入る」前に、子どもの「学びのサポート」を考えよう