1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう(2ページ目)

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみようのタイトル画像

1歳半を過ぎるとだいぶ親御さんとの意思疎通ができるようになってきます。また、言語面においても、2語~3語の単語を繋げて文章で話せるようになってきます。そこで、普段行う「日本語のコミュニケーション」プラス、親子で英語教育を楽しんで見ると楽しいですよ。

私も図書館で借りましたが、生活の中で簡単に使える表現満載でとても勉強になりました。しかし、お子さんに何の予備知識も体験もない中で、急に親御さんが英語での語り掛けを始めてしまうと、お子様も混乱する可能性があります。



急に英語を語り掛けるよりも、絵本やビデオ教材、歌などに親しんで「その言葉!聞いたことある!」と感じられる状態にしてから始めたほうがより親子で楽しめると思います。

レンタルできるDVDやYouTubeの動画でも0歳~1歳半ごろまで楽しんできた英語の歌に加え、会話が含まれるものを親子で一緒に楽しみ、普段の生活の中で真似して使ってみると楽しいですよ。



私のブログでも子どもが喜ぶレンタルDVDやYouTubeの動画を沢山紹介していますので興味のある方は覗いてみてくださいね。

英語で語り掛けるのは少し心配?

「英語は苦手だから・・・」「発音が心配・・・」と思う方も大丈夫。英語をテレビで楽しんだり、BGMにしたりしているとそこから正確な発音を身に着けてくれます。



また、「子どもが英語と日本語を混同しそう・・・」と心配な方、「英語で話しかけるのに抵抗がある」という方はパペットやぬいぐるみを使ってそのキャラクターとして英語を話すのも手。



私は最初、素の状態で急に英語で話すことにかなり抵抗を感じたため、パペットになりきって英語を使いました。子どもも「このお人形は英語を話すんだ!」と認識してくれたみたいで、英語で答えてくれるようになりました。

【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみようの画像1

私の経験では、子どもたちがテレビやBGM、絵本や教材などからこんなにも英語を吸収するのかぁと感動したのは子どもたちが3歳を過ぎてからです。



子どもが小さいうちは、親子のふれあいや外遊びなどの体験が大切。英語を無理に話させようとしなくても大丈夫。すきま時間に親子で英語を楽しむ日常、BGMとして英語を楽しむ日常を作っておくとのちのちの英語教育がスムーズに進めていきやすいのじゃないかなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
チャンディの画像
チャンディ

小学2年生、幼稚園中さんの子供をもつ主婦です。
以前はIT関係の講師、ブライダル司会の仕事に携わっていました。
プロ家庭教師として働いたこともあります。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 教育・遊び
  4. >
  5. 【幼児教育】1歳半~3歳でも気軽にできる英語教育~親子で英語のコミュニケーション遊びを始めてみよう