1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケ

一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケ

一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケのタイトル画像

好きだった食器洗いがつらくなり、思い切って食洗機を導入することにしました。そこで気づいたのは、「好きな家事こそ、あえて楽したほうがいい!」ということ。


「ほしい」と思いつつ、悩んで8年


好きな家事、苦手な家事ってありますよね。

私は食器洗いが一番好きです。

お気に入りの器を大事に洗って拭き上げて、食器棚にしまって。

最後に、スッキリ片付いたキッチンを見るのが好きなんです。

それが約8年前、出産後に食器洗いが負担に感じるようなりました。

「食洗機がほしい」

そんな思いが浮かびました。

しかしその時は在宅で仕事をしていたこともあり、負担に感じたのは忙しい産後の一時期。

それを過ぎたら、あまり気にならなくなりました。


再び食器洗いが負担に感じ始めたのは、新型ウイルスの流行後。

家で料理する回数が増え、必然的に洗い物も増えました。

再び「食洗機がほしい」と思うようになりました。

それでも、洗い物は好きだし、食洗機は場所もとる……

また、私のお気に入りの器は陶器が多く、手洗いしなければならないものが多くあるので、食洗機は「いつか欲しい」と思いつつも、購入は先送りに。

家事の負担を減らすなら、先にお掃除ロボットかしら?などと悩んでいました。


一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケの画像1
pixta_85236672_S

決断したら早かった!


が、年齢とPC仕事のためか手の痛みを感じるようになったこと、同じく器好きの友達が買って良かったと言っていること、などなど……

「第三次・食洗機ほしい熱」が燃え上がった私。

「これを逃したら、また10年くらい買えない!」

と、自分のへそくりをはたいて、思い切って購入することにしたのです。

調べたところ、狭い我が家に置けるタイプは、かなり限られていました。

機種を決めて、まずは近くのお店に値段を見に行くことにしました。

すると店員さんいわく、「このタイプは値引きがないので、どこで買っても値段は一緒ですよ」とのこと。

それならばと、8年も悩んだのが嘘のように即決!

何かが決まる時は、こんなものなのかもしれません…


一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケの画像2
pixta_66375451_S

想像以上! 全部が洗えなくてもかなりの負担減に


いよいよ、我が家に設置された食洗機。

使ってみると…楽!

楽です!

時間はけっこうかかりますし、お気に入りの器をはじめ、木のスプーンなど洗えないものも多いです。

それでも、調理小物やコップ、プラスチック製品、小さな鍋などを洗ってもらえるだけで、かなりの負担減。

また、洗い物が減ったので、残りの手洗い分も洗うのが楽なんです。

洗い物の量が多いと、洗いながら一度すすいだり、シンクの空きスペースを求めてガッチャガッチャしていた私。

それがなくなり、サッと洗い終わります!

メーカーさんは時短や節水、除菌効果などを宣伝していますが、個人的には「ガッチャガッチャしなくていい」が、一番うれしいポイントでした(笑)


一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケの画像3
pixta_64859217_S

無理なくできるから、楽しい


この経験から、私が感じたことは2つ。

1つ目は、好きな家事や得意な家事こそ楽したほうがいいのでは?ということ。

いくら好きな家事でも負担が増えればつらいのは当たり前!

ただでさえ家事は大変なのに、好きな家事まで嫌いになるのはつらすぎます。

便利なアイテムがあれば、使えばいい。

おかげで、また食器洗いが好きになれました。


そしてもう1つは、家事の「○○がしんどい」は本当か、その原因をじっくり検証するということ。

私は、「食器洗いは好きだけど、料理は苦手」と思っていました。

が、食器洗いの負担が減ったら、お料理の負担感もかなり減ったんです。

調理小物をちまちま洗わなくていい、というのは大きかった!

料理の負担を減らすにはお惣菜などの手もありますが、仕事帰りの夕方はスーパーが激混み。

また、冷蔵庫の中で古くなっていく食材を見るのもストレスでした。

しんどい家事(私の場合は料理)を減らすのが難しければ、その周辺を改善するのもアリかもしれません。


ちなみに便利家電に開眼した我が家では、次はコードレスのスティック型掃除機を検討しています。

それも「苦手な家事の周辺を改善」という考えです。

夫がなかなか掃除に協力してくれず、片づけが苦手なのかと思っていたら、「掃除機を出すのが面倒」とのこと。

リビングに置けるスティック型なら協力してくれる…かも?

と、期待しているこの頃です。


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ぺい子の画像
ぺい子

こんにちは!
8才になる一人息子(2013年生まれ)を育てるワーキングマザー。
宿題が難しくなってきて、ちょっとヒヤリとすることもある今日この頃です。...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 一番好きな家事は食器洗い!だけど…あえて食洗機を導入したワケ