1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポート

【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポート

【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポートのタイトル画像

2015年6月、8歳の娘をつれてアメリカで3つのサマープログラム(動物園、沼地探検、水族館)を経験しました。今回は、第1週目に参加した、デンバー動物園のサマープログラムについてご紹介いたします。子どもの英語教育を考えている方、将来、子どもに夏休みの語学留学を経験させてあげたいと考えているご家族の参考になりますと幸いです。

短期英語留学におすすめ、人気が高いデンバー動物園のサマープログラム!

デンバー動物園サマープログラムは、保育園児から中学生までの年齢別に全5コースあり、この週に参加している子どもは100名ほどでした。インストラクターも30人くらい、他スタッフ&ボランティアもいれると約50名で運営されているプログラムです。

動物の生息を知り、自然保護・動物保護など学ぶ

プログラムコンセプトは「Habitat Heroes」(動物の生息を知り、自然保護・動物保護など学ぶ)です。娘は、下から2つ目のK-G1(保育園〜小学校1年生)グループの半日コース(13:00-16:00)に参加しました。



5日間プログラムでしたが、各曜日にて学習のフォーカスがあり、写真のように山、海、熱帯雨林、動物園というテーマがありました。非常に気温が高く、雷雨もあるので、野外での動物園内ツアーと、室内アクティビティ(工芸など)で構成されています。



娘が参加した半日プログラム(3時間)は、時間的にも短く、あまりストレスもなくてよかったと思います。少し小さい子たちのグループへの参加でしたが、保育園っぽくて、自分がお姉さんというポジション(自分だけ2年生)なので少し安心できたかもしれません。イザベラちゃんという人懐っこい子が、よく話しかけてきてくれてお友達になっていたようです。

【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポートの画像1

最終日に親も参加できる動物ショーが開催される!面白い!

【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポートの画像2

最終日である金曜日の15:00からは、家族が参加しての1時間プログラムが開催されます。1週間のプログラムに参加し学んだ感謝を、みんなで分かち合います。とてもアメリカスタイルな内容だと感じました。



飼育員さんによる小さな動物紹介コーナーや、各クラスの子どもたちが動物についての歌を披露するなど、子どもの発表に立ち会えるという嬉しい場が用意されていました。会場は、家族300人くらいがあふれていました。

コスト・パフォーマンスも申し分なし!

参加した半日プログラムは、5日間 13:00~16:00で $165(約19,800円)でした。同じ期間の9:00~16:00の全日プログラムは$280(約33,600円)ですがとても良心的な価格だと感じます。



毎日、16:00のプログラムの後に、そのまま動物園に入れてしまいます。本当は、親はチケットを買わなければいけないのかもしれないけれど、みんな普通に動物園の中を通って帰ります。(親子合わせて、30ドルくらいのチケットが毎日無料ですね)

申込方法について

デンバー動物園(Denver Zoo)のウェブサイトから、クレジットカード決済で申し込めます。



申込が完了したら、書類を書いて初日に提出すればOKです。アレルギーや持病がある子どもの場合は、その旨を記載して書類で提出したり必要なので少し大変かと思います。全日プログラムの場合は、昼食メニューについて事前登録する必要があるかもしれません。



毎年、参加している家族も多い人気プログラムなので、3月初旬には参加チケット売り切れます。わが家の場合は、3月中旬の段階でギリギリで半日プログラムに申込できました。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育 幼児教育 英語教育 グローバル教育

この記事を書いた人

パパ・イングリッシュ!

パパ・イングリッシュ!〜 パパといっしょに英語であそぼう 〜

生活の中で使える英語フレーズをアクティビティを通じて学ぶ「親子で参加するイベント型の英会話レ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】8歳の娘をつれてアメリカでサマープログラム!短期英語留学レポート