1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!

【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!

【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!のタイトル画像

0歳~1歳半の子どもから気軽に始められる英語教育。親子で歌を歌いながら英語を楽しみましょう。子どもがベビーのときから気軽に英語に親しむ方法とその効果をご紹介します。

英語の歌を聴いて楽しもう!

赤ちゃんは歌が大好き!大好きなママやパパと歌って楽しめたら、それだけで幸せの時間をプレゼントできます。我が家は、子どもたちが3歳ごろから本格的に英語教育に力を入れましたが、0歳~2歳の頃も英語の歌を聴いたり、英語歌のサークルに参加したりはしていました。



英語の歌がたくさん収録されているCDもありますが、親御さんも一緒にその歌を理解し楽しむために教材のDVDやYouTubeなどの動画を視聴したり、親子サークルでお友達と一緒に英語の歌を踊ったりして遊ぶのもおすすめ。我が家の子たちの場合、十分に楽しんだ後に、家にいるときやドライブ中などにBGMとしてその歌を流すとより英語の歌を好きになってくれました。



子ども向けの英語教材のサンプルDVDは無料で請求できます。YouTubeでも英語の歌がたくさんアップされているチャンネルは多数存在し、最近はテレビで簡単に見ることができますよ。

【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!の画像1

0歳~1歳のときに一緒に歌を楽しんだ効果は?

私は子どもが0歳~1歳の頃から英語で話しかけたりということはしていなかったので、子どもたちもこの頃から英語を話すということはありませんでした。歌をどれだけ聴いても話せるようにはならないと思います。



もちろん子どもから出る言葉は日本語です。ただ、1歳半ぐらいから幼児向けの英語教材を使ってDVDを見ながら玩具を使って一緒に遊ぶこともありましたが、嫌がることなく、むしろ楽しんで取り組んでくれました。教材DVDに収録されているの歌なんかも聞き覚えのあるものが多く、楽しく一緒に歌っていました。



いつの間にか、英語のリズムを楽しく習得できているようでした。その後、娘は3歳のときに英語をたくさん吸収し、4歳でたどたどしいながらも自分の意思を英語で伝えられるようになりました。もしかしたら赤ちゃん時代に英語の歌を聞いていたこと、そして、親子で一緒に楽しんでいたことも多少影響しているのではないかと思います。



また、3歳からテレビではほとんど英語のものを見るようにしていますが、それも抵抗なく受け入れてくれました。目に見えた効果は期待できませんが、英語に対する抵抗をなくすことで、後々年齢に応じた英語教育をスムーズに行いやすくなる効果はあると思います。

【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!の画像2

英語を楽しみつつ、やはり日本語でたくさん話そう!

英語を早く話してほしいから英語で話しかけよう!とあまり早い時期から英語でたくさん話しかけるとそれぞれの言葉に順応してどちらの言語も話せるお子さんがいらっしゃる一方で混乱してしまうお子さんもいらっしゃるようです。



また、親御さんが一生懸命になりすぎて、日本語よりも英語が優位になり、保育園や幼稚園でお子さんがお友達とのコミュニケーションに困るという話も聞きます。



小さいころから保育園に通っていたり、普段から日本語で話しかけている上でのお遊び感覚なら問題ないと思いますが、個人的には日本語でたくさんコミュニケーションが取れるようになるぐらい成長してからでも英語はたくさん吸収しますし、焦って英語漬けにしなくても良いんじゃないかなと思います。



日本人として日本に生まれたからには、英語の歌だけじゃなくて日本の童謡を楽しむことも日本語や感性を豊かにしてくれるし、英語が得意ではない親御さんは英語の絵本を読むよりも日本語の絵本を読んでいるときのほうがリラックスすると思います。そういう時間も大切にしたいですよね。



特に親御さんのどちらかの母国語が英語である、また今後海外で暮らす予定があって「お子様をバイリンガルにしよう!」と思っているわけではなく、「英語が得意な子になってほしいな」と軽く思ってらっしゃる親御さんの場合、日本語を養う中で、ほんの少しだけ親子で英語と触れる時間を持つということで十分将来英語好きなお子さんが育ってくれるのではないかなと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育 英語教育 幼児教育

この記事を書いた人

チャンディ

小学2年生、幼稚園中さんの子供をもつ主婦です。
以前はIT関係の講師、ブライダル司会の仕事に携わっていました。
プロ家庭教師として働いたこともあります。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【幼児教育】0歳~1歳半から気軽にできる英語教育。親子で英語を楽しむためのヒント!